【具体例あり】ホームページに集客するための効果的な5つの手法

集客を増やすためにホームページやSNSを活用する企業がほとんどですが、本当に効果が出ている企業は意外と少ないです。ホームページ、SNSを開設しただけで満足してその後は放置しているような企業が多いため、集客のために活用出来ていない印象です。

また、SNSには力を入れているけどホームページは作成した時から特に更新もせず放置している状態という企業も多いです。しかし、ホームページも活用次第では宣伝効果も高いため、ホームページ活用にも注力した方がいいといえます。

本記事では、ホームページの集客効果を高めるための手法について解説します。

ホームページに集客出来ない3つの原因

ホームページに集客出来ない主な原因を3つ紹介します。

●    ホームページの目的が不明確
●    適切なペルソナが定まっていない
●    内部情報を更新していない

上記3点について詳しく解説していきます。

ホームページの目的が不明確

ホームページ作成の目的が定まっていない場合、集客の方法も定まらないので集客は難しくなります。ホームページを作成する目的は大きく分けて「集客」、「名刺代わり」の2択です。

名刺代わりのホームページであれば集客の必要はありません。ホームページが存在するというだけで意味があるので、この場合は集客を狙うための施策は不必要となります。

逆に、集客を目的としているホームページであれば、露出を増やすための施策を講じる必要があります。SEO対策やリスティング広告など、露出を増やすためのアクションを起こして集客を狙いましょう。

このように、何を目的としたホームページなのかで行なう施策が変わってきます。ホームページに集客したい理由を明確にして、適していないホームページであればリニューアルするなど対策していきましょう。

適切なペルソナが定まっていない

ペルソナとは、商品・コンテンツの対象となるユーザーのイメージのこと。ペルソナは具体的であればあるほど効果を発揮します。

●    年齢
●    性別
●    趣味
●    職業
●    年収
●    家族構成

このように、ペルソナを明確にすることでユーザー満足度の高いホームページを構築することが可能になり、響くキャッチコピーを載せることで成約に繋がりやすくなります。

しかし、このペルソナが定まっていない場合、具体性のない抽象的な訴求やライティングになってしまい、ユーザーにとって興味のないホームページが出来上がります。ペルソナが不在のホームページでは、集客が困難になりやすいので注意しましょう。
 

内部情報を更新していない

ホームページを作成しただけで更新していない場合、集客の効果は弱くなります。ホームページを訪れたユーザーが求めているのは新鮮な情報です。しかし、ホームページ作成から更新もされていないものには新鮮味がありません。

結果的に、ホームページを訪れたにも関わらず情報の更新がされていない古い情報ばかりのホームページでは離脱されるだけです。ホームページを訪れたという顕在層のユーザーを逃がしてしまうのは勿体ないことなので、情報の更新は怠らないようにしましょう。

ホームページ集客に効果的な5つの手法

ホームページに集客出来ない原因を紹介しました。ここからは、集客に効果的な手法を5つ紹介します。

●    新鮮な情報を提供
●    伝わるホームページ
●    ペルソナを明確にする
●    ペルソナに向けたコピー
●    アクセスを解析して改善

上記5つを深堀して解説します。

新鮮な情報を提供

情報の更新が重要と言いましたが、常に新鮮な情報を提供していることがもっとも重要です。ホームページとは企業の窓口の役割を担っているので、ここの情報が古いとユーザーも興味を示さず離脱してしまいます。

情報を更新することで、アクティブに活動しているという明るい印象を持ってもらえます。これにより、店舗などでは賑わっているという印象にも繋がるので来店のきっかけにもなります。

伝わるホームページ

ホームページを定期的に更新している、デザインも整えているという場合であっても、伝わるホームページを構築出来ていない限り、集客したユーザーが離脱してしまいます。

ホームページは、初見の印象で決まると言っても過言ではありません。デザイン重視で使いやすさ、伝わりやすさを追求していないようなホームページがたくさん存在します。結果的に、ユーザーに「分からない」という印象を持たれて離脱されてしまいます。

情報の更新やデザインにもこだわっていることはとても良いことですが、ユーザーファーストでホームページを構築しないと集客出来ても離脱率が上がってしまっては意味がありません。

「ユーザーに伝わる」、「ユーザーが使いやすい」この2点も考慮したホームページを構築するよう心掛けましょう。

ペルソナを明確にする

ペルソナを明確にすることで、ホームページを構築するうえでの方向性も明確になります。全員に需要のあるようなホームページでは、具体性がなく信憑性がありません。ペルソナというただ一人の誰かに向けたホームページを構築することで大きな効果を発揮します。

ペルソナに向けたコピー

ペルソナを明確にしたところで、重要になるのはペルソナに刺さるコピーです。


このリュックは、ノートPCも余裕で入るため、通勤にも使いやすいリュックです。

この1文は、仕事で外出が多くなおかつパソコン作業が多いビジネスマンに刺さるコピーです。このように、具体性を持たせることで説得力が上がるうえに、狙ったユーザーのみを集客出来ます。

アクセスを解析して改善

全ての施策を講じたうえで、集客効果が思うように出ない場合はアクセスを解析しましょう。Googleアナリティクスなど無料でアクセス解析可能なツールがあるので、まずは現状のアクセス状況を解析しましょう。

アクセスの解析によって、1日のPV数、流入経路、直帰率、離脱率など何が原因で集客に至らないのかを抽出しましょう。ここまでデータが揃えば原因を1つずつ改善していくことで着実に集客を伸ばすことに繋がります。

まとめ

本記事では、ホームページ集客の失敗例や、集客に効果的な手法を5つ紹介しました。最後に、本記事の内容を簡単にまとめると

●    ホームページの目的とペルソナを明確に
●    新鮮な情報に更新しないと離脱率が上がる
●    ユーザーファーストな使いやすいホームページを構築
●    ペルソナに刺さるコピーで確実に顕在層を顧客に変える
●    アクセスを解析して原因を1つずつ改善していく

このような内容でした。

ホームページ集客は最適な方法で行なうことにより確実に伸ばすことが可能です。しかし、この方法を知らない企業が多いため作成したホームページを放置しているという現状です。ホームページ集客の方法が分からないという方は、外注に任せることで確実に集客アップを見込めますよ。

NEW

ARCHIVE