ホームページ制作,

ホームページのアクセス数の目安はどれくらい?増やすための手法も解説!

ホームページを作成したものの、どれくらいアクセス数を稼げていれば良いのか分からないという方が多いかと思います。実際のところ、ホームページの目的にもよりますがアクセスするよりも成約率の方が重要とされています。

しかし、アクセスがないと成約もしないので、まずはアクセスを稼ぐことに注力しましょう。アクセス数に対しての成約率なども理解しておくとデータの分析も捗ります。

本記事では、アクセス数の目安や、アクセスを伸ばすための手法について解説します。

ホームページのアクセス数とは

まずは、アクセス数について解説します。ホームページを運用してWebで集客する以上アクセス数の理解は必要不可欠です。難しいことはないので、しっかりと理解しておきましょう。

PV数

PV数とはページビュー数の略です。指定期間内にホームページを閲覧された数値のことを指しアクセス数と同じ意味合いで使われます。このPV数については、「Googleアナリティクス」などで簡単に確認することが出来ます。

セッション数

セッション数とは、アクセスされてから読者がページ内の内部リンクなどを踏んだアクション数のこと。このセッション数を高めることで読者にとって有益な情報を網羅しているホームページという評価をSEOから受けます。

ユーザー数

ユーザー数とは、指定期間内に訪れたユーザーの数です。同じユーザーが50回ホームページを閲覧した場合、PV数は50となりますがユーザー数は1となります。要するに、PV数だけを稼いでもユーザー数が増えていないと意味がありません。

アクセス数の目安

一般的な企業は指名検索されれば上位表示されていますが、逆に指名検索以外のキーワードでは検索もされずアクセス数が増えることはありません。どれだけ大きな企業であってもこれは変わりません。キーワードを選定して更新しない限り指名検索以外でアクセスを稼ぐことはありません。

アクセスに対してのコンバージョン率

ホームページのアクセス数の目安は、最低でも月間100アクセスと言われています。1日あたり3人ほどがアクセスすれば、毎月1件は成約されるという計算です。

月間目標問い合わせ数×100=月間アクセス目標値

このような計算式が出来上がります。アクセスに対してのコンバージョン率は1%~1.5%とされているため、毎月1件の成約を取るためには最低でもアクセスが100件は必要と言えます。アクセス数が月100件以下の場合、計算上1%を下回ってしまうため最低でも月100件のアクセスは欲しいところです。

アクセスはあるがコンバージョンしない場合

毎月のアクセス数が500~1000件あるのに1件も成約しない場合、集客自体は問題ないことが伺えます。そのような場合、改善すべき点はホームページ自体の可能性が高いです。

●    キャッチコピーを改善
●    想定ペルソナの再構築
●    ホームページの構成を見直す

このようにより成約率を高めるためのホームページ内の改善を図ることを優先しましょう。
集客が出来ている以上、ホームページ内の訴求方法を改めるだけで成約率が大きく伸びる可能性もあります。

アクセス数を増やす手法

アクセス数の目安について解説しましたが、ここからはアクセス数を増やす手法について解説します。アクセス数を増やすことで成約率も上がるのでアクセス数を増やす手法を覚えておきましょう。

SEO対策

アクセス数を増やすためにもっとも効果的な手法はSEO対策です。Web上で集客する方法は様々ですが安定して効果を得られるSEO対策は必須と言えます。SNSなどを活用していない限り、検索エンジンからの流入がほとんどなのでSEO対策は必要不可欠です。

レスポンシブ対応

レスポンシブ対応とは、ホームページをスマホでも快適に閲覧出来るように対応させているかということを指します。スマートフォンの普及によりWeb検索はモバイル端末で行なわれる頻度が高まってことで、ホームページ閲覧もスマホからの行なわれているかもしれません

レスポンシブ対応していないホームページは、レイアウトが崩れてしまい、リンクやバナーなども非常に押しづらい状態になっていることが多いので読者のストレスとなり、離脱してしまう要因となります。

また、レスポンシブ対応はGoogleから検索順位を優遇されると発表されています。これによりホームページをスマホ対応することで検索エンジン経由のアクセス数を増やすことに繋がります。

コンテンツの更新

企業ホームページで多いのが、会社概要のみを記載して放置されているもの。SEO対策としても長期間更新されていないホームページは順位が下がる傾向にあるので、アクセスを増やすためには定期的にコンテンツの更新が必要となります。

また、コンテンツの更新は読者の安心にも繋がります。数年の間更新されていないホームページを見ても、実際に運営されているのか疑問を抱きアクセスはしても成約に繋がらないという大きなデメリットを伴います。

不定期でも、月1回は更新することで読者の安心に繋がるので実施しましょう。また、社内で人材が不足しているようであれば業務委託という形でホームページ更新のための外注を雇用するという選択肢もあります。

まとめ

本記事では、ホームページのアクセス数の目安やアクセス数を増やすための手法について解説しました。本記事の内容を簡単にまとめると

●    ホームページのアクセス数とはPV数と同義
●    アクセスではなく、ユーザー数を増やすことが最優先
●    ホームページのアクセス数の目安は最低月100件
●    月間目標問い合わせ数×100=月間アクセス目標値
●    アクセスを増やすためにはSEO対策が効果的

このような内容でした。

アクセスの目安は最低月100件ですが、ホームページ内のコンテンツの充実度や情報の網羅性次第では100件では足りない可能性もあるのでまずはホームページを充実させることに注力しましょう。

また、アクセス数も課題ですが、もっとも重要視すべきは成約率です。成約率を上げるためにもSEO対策は必須なのでコンテンツの更新は積極的に行ないましょう。

NEW
ARCHIVE