アプリ制作,

アプリ制作にMacがおすすめな理由【Apple向けツールも紹介】

最近は、スマートフォンを持っていることが当たり前の時代になりました。

今度もしばらくスマートフォンの時代は続くと考えられ、実際にスマートフォンは進化し続けています。

そんな多機能なスマートフォンですが、スマートフォンの魅力の1つである「アプリ」、これがないとスマートフォンの利便性が著しく低下するともいえます。

アプリがあってのスマートフォン、アプリがあるこそのスマートフォンかもしれません。

そんなアプリですが、自分の手で作ることが可能で、実際にアプリ制作に励む人は多いです。

今日は、アプリ制作には「Macパソコン」がおすすめといわれる理由について解説します。

なぜMacなのか、そしてApple向けのアプリ制作ツールについても紹介します。

本記事では、

・そもそもなぜアプリ制作にはMacがおすすめなのか
・アプリ制作に使うXcodeとは

この2点を中心に深掘りしていきます。

アプリ制作にはなぜMacがおすすめなのか

最近では、趣味などでアプリ制作をする人もいるようですが、彼らはよく「アプリ制作にはMacがいい」と口を揃えていいます。

なぜアプリ制作にはMacがいいのですか?

確かに、よく聞くことだと思います。

本記事でも、iPhoneアプリの制作をする場合には、Macの購入をおすすめしてます。

というのも、そもそも、アプリ制作に用いるソフトウェアの「Xcode」は、Windowsでは使えず、Macでしか使えないからです。

iPhoneアプリ制作を行う時は、基本的に、Xcodeは必須になります。

ただ、Macと聞くと何となく高そうなイメージがあるかもしれませんが、他社のパソコンと比較しても思っているより高くはありません。

例えば、Macの13インチのパソコンだともちろんグレードにもよりますが10万円程度で購入できます。

実をいうと、WindowsでiPhoneアプリを制作することは不可能ではありません。ただし、Windowsで行う場合は、Xcode以外のソフトウェアを使うことになり、これがライセンス違反の行為になります。

このことを考えると、やはり正規ルートでアプリ制作をした方が安全なので、Macのパソコンを使うというのが最低条件になるのです。

また、それ以外にもMacをおすすめする理由があり、それはモデルのかっこよさや、カフェでMacを使っている人を見ると「いいな」と思ってしまいます。

正直、「ここにきてデザインの話か」とも思われるかもしれませんが、長い期間使用するパソコンなので、デザインなど見た目の質もこだわりを持ちたいものです。

パッと見ただけでもわかるように、Macのパソコンはやはり「華やかさ」があります。

好き嫌いは主観なので個人差があると思いますが、モチベーションを維持するためにもデザイン性に優れたパソコンを選ぶのも1つの手です。

iPhoneアプリ制作に必須のXcode

ここからは、Xcodeについて解説します。

まず、前提として、XcodeはApple製品のアプリを開発する際に使われるソフトウェアのことで、前述の通り、iPhoneのアプリ制作を行う際に必須になります。

Xcodeは、様々なプログラミング言語に対応したツールで、あなたが普段何気なく使っているアプリもこのXcodeで作られているかもしれません。

Apple Storeにある、ビジネスからゲーム、便利ツールなど様々なアプリがありますが、それらの大半はこのXcodeが使用されています。

Xcodeで開発や制作ができるものはいろいろあり、iPhoneアプリだけでなくMacOSアプリやApple TVアプリ、そしてApple Watchアプリなどもそうです。

Apple製品を作るのに特化しており、Xcode自体もAppleが提供しています。
 

Xcodeの特徴

それでは、最後に、Xcodeの特徴についてもう少し詳しく見ていきましょう。ここでは3つ紹介します。

①扱うプログラミング言語が多い

Xcodeは、Apple製品を制作するのに特化したソフトウェアと紹介しましたが、扱っているプログラミング言語の多さもXcodeの大きな特徴です。

実際に、Xcodeが対応している言語は、

「Swift」
「Objective-C」
「C言語」
「C++」
「Java」
「AppleScript」
など

その中でも特に相性が良いのは、Swiftです。

実は、このSwiftもAppleが開発した言語で、Apple製品の開発に使われています。そういったつながりもあり、相性が良いというわけです。

②操作性

他にも、Xcodeは直感的な操作なので初心者にも比較的わかりやすいという特徴があります。

アプリ画面のレイアウトをはじめ、パーツの配置などをドラッグ&ドロップで行え、コードを書かずにプログラミングが可能です。
Swiftの扱いに慣れていないという初心者の人でも、気軽に利用できるツールだと思います。

③動作確認テスト

また、完成した後にもXcodeの特徴が発揮されます。

完成したアプリをリリースする前には必ず、テスト(動作確認)を行わなければいけません。Xcodeには、そのテストを効率化する便利機能も備わっています。

制作した本人では思い込みなどでなかなか見つけられないようなミスでも、コンピューターが大きな視野で的確に判断してくれます。やはり機械の正確性には勝てません。

おまけに、フォントのサイズや色、行番号の表示などエディタのカスタムの融通が利くというのもXcodeの大きな特徴でしょう。

細かいことではありますが、これも長い間、使っていく上ではモチベーション維持のために重要な要素で、

長時間同じような作業を行うからこそ些細な効率化が活きてきます。

まとめ:アプリ制作にはMacがおすすめ

いかがでしたか?今日は、アプリ制作にMacをおすすめする理由を中心に解説しました。

元々、iPhoneアプリを制作する際に必須のソフトウェアである「Xcode」がMacでしか使えないので、iPhoneアプリの開発や制作に興味がある方はMac一択になります。

先に述べたように、Mac製品ではなくWindows製品を使いiPhoneアプリを開発するのはライセンス違反に該当するため、この選択肢は変更できるものではありません。

ライセンス違反になればどんなにいい製品を作っても本末転倒です。これだけは頭に入れておきましょう。

Xcodeの様々なプログラミング言語に対応しているという点については、大きなメリットであり、

その中でも、同じくAppleが提供している「Swift」とはやはり相性が良く、ドラッグ&ドロップの直感的な操作で制作できるという点も初心者には特におすすめです。

改めて、今回は、「アプリを制作するにはなぜMacがおすすめなのか」について、そしてXcodeとは何かについてでした。それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

NEW
ARCHIVE