アプリ制作,

【アプリ制作】アプリケーションエンジニアとは?業務内容や必要な資格について深掘り!

IT業界で活躍する人には馴染みのある言葉、「アプリケーションエンジニア」。

でも、IT以外の分野の人やこれからアプリ制作を行う初心者の人にとったらあまり聞きなれない単語かもしれません。

アプリケーションエンジニアとは、ITシステムに含まれているアプリケーションを制作するエンジニアのことで、企業の業務やシステムの効率化などが主な業務になります。

そこで、今回は、アプリケーションエンジニアに関して、業務内容や必要なスキル・資格について紹介します。ぜひ参考にしてください!

【系統別】アプリケーションエンジニアを解説

先に述べた通り、ITソフトや業務のシステム化・効率化を行うのが今回紹介する「アプリケーションエンジニア」の役目です。

とはいっても、アプリの中には「Webアプリ」や「スマホアプリ」など様々な種類があります。

まずはそれらについて簡単に説明します。

業務関係のアプリ制作

アプリ制作を依頼するクライアントが持っている経営についての問題を解決するためのアプリ開発や制作を行います。

この場合の業務内容には、システムの設計はもちろんですが、プログラミングや動作確認まで含まれており、時には、銀行のATMなど社会に直接つながるものにも関わる場合があるので、とてもやりがいのある仕事です。

Web関係のアプリ制作

こちらは、ブラウザ上で使われるアプリを専門的に制作したり開発したりするもので、

実際に、世の中で利用されているサービスの中には、Gmailやヤフーメールなどがあり、端末にインストールすることなくブラウザ上で利用できるものがこのWebアプリになります。ショッピングサイトなどの制作に関わることも多いです。

こちらも、身近なサービスに関わられるという点ではやりがいがあります。

スマホ関係のアプリ制作

このタイプでは、スマートフォン専用のアプリを制作します。

おそらく多くの人がイメージするアプリで、最近ではブラウザよりもアプリの方の閲覧されることが多いため、かなり盛り上がっている業界でもあります。

Web業界よりも需要があり、今後ますます伸びていく分野だと予想されます。

アプリケーションエンジニアの業務内容

ここまで、アプリに関して、アプリケーションエンジニアがどのような役目を担っているのかについて紹介しましたが、

ここからは、アプリケーションエンジニアの実際の業務内容について詳しく見ていきましょう!

まずは、仕事内容についてお話しします。

情報に関するシステムの開発プロジェクトの場合は、まず、システムの設計から始まります。その後、プログラムの開発、そしてシステムの動作確認まで行います。

結構、幅広い業務内容というのがわかると思います。

そして、開発を担当したアプリの運用や保守するのも、アプリケーションエンジニアの仕事内容になります。

このようなアプリケーションエンジニアは幅広い分野を担当するので、それに見合った豊富な知識やスキルが求められます。

アプリケーションエンジニアによっては、直接クライアントと関係を持ち取引を行う人もいるので、コミュニケーション能力も必須のスキルといえるでしょう。

アプリケーションエンジニアの労働環境

アプリケーションエンジニアという職業への転職を考えている人は特に気になる内容だと思います。

まず、年収から見ていきます。

2016年のデータではありますが、アプリケーションエンジニアの平均年収は450万円程です。

もちろんこれは平均なのでそれよりも多い人や少ない人もいます。一般的なサラリーマン以上の収入を得るのもそう難しくはないです。

そして、男女比についてですが、男性が8割を占めている模様で、やはり男性が多い職場なので、女性のアプリケーションエンジニアはなかなか出てきません。

そして、最後にアプリケーションエンジニアの残業についてですが、月の平均残業時間は29時間程度と全職業の平均残業時間と比べてもあまり大差はありません。

もちろん、残業はしたくないという人は多いと思いますが、そこまで気にならない時間かもしれません。

アプリケーションエンジニアに求められるスキル

アプリケーションエンジニアになるために必要なスキルや資格を教えてほしいです。

スキルと資格を順番に解説します。

実際に、アプリケーションエンジニアになりたい人にとっては気になる内容です。

アプリケーションエンジニアは、プログラミングをすることもあるので、もちろんプログラミング言語を使いこなす必要がありますが、開発や制作するアプリによって求められる言語は異なるということをまずは覚えておきましょう。

「この言語を使いこなせたら大丈夫」というような考えは危険で、自分の制作するアプリの種類によって必要言語は異なります。

例えば、Webアプリ開発をしたいのか、スマホアプリ開発をしたいのかによって変わり、Webアプリの場合は「Java」や「Rudy」、スマホアプリの場合は「Swift」や「Kotlin」などです。

続いては、アプリケーションエンジニアになるための資格について、

アプリケーションエンジニアには資格が必須と思っている人も多いかもしれませんが、実は、必須の資格はありません。

ただ、資格の勉強をすることでアプリケーションエンジニアの勉強にもなるので、やっておいて損はありません。

例えば、「システムアーキテクト試験」というものがあり、

コンピューターに関する幅広い知識が問われる試験で、難易度は高めです。

合格率は10%程度と低いですが、知識の証明になり持っていると心強いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今日は、アプリケーションエンジニアの業務内容や必要なスキルなどについてでした。

アプリケーションエンジニアになるためには特別な資格は必須ではありませんが、プログラミング言語の知識などないと仕事にならないものもあります。

あとは、プロジェクト内の業務担当ということで広範囲の知識やコミュニケーションスキルも求められます。

非常にやりがいのある仕事、あなたもぜひアプリケーションエンジニアを目指してみてはいかがですか?

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

NEW
ARCHIVE