アプリ制作,

独学でアプリ制作は可能?アプリ制作に必要なスキルや勉強方法を紹介

私たちの生活の中で、必要不可欠な存在になっているスマートフォン。

スマートフォンの中には様々な機能がついており、それらをどのように使いこなすかが「利便性」につながります。

そのようなスマートフォンの機能や便利というのは、「アプリ」によって提供されており、様々な分野や機能に特化したアプリがたくさんあります。

「自分の手でアプリを作ってみたい!」という人もいるかもしれません。

今日は、そもそもアプリ制作というのは独学で学べるものなのか、そしてアプリ制作に必要なスキル、勉強の方法について詳しく解説します。

本記事のポイント、

・本当に独学でアプリ制作はできるのか
・アプリ制作に必要なスキルは何?
・効率の良いアプリ制作の勉強方法は?

これらを中心に解説していきます。

アプリ制作は独学でもできるのか

最近では、趣味や副業としてアプリ制作をするという人がいますが、実際のところ、アプリ制作は独学でも習得は可能なのでしょうか?

結論からいうと、アプリ制作は独学でも十分可能です。

ただ、必ず必要になるスキルもあるので、そのようなスキルをしっかりと身につけてから制作の作業に入りたいです。

会話:なるほど。では、具体的にどのようなスキルが必要なのでしょうか?

ここからは、アプリ制作を独学で行う際に求められるスキルについて解説します。

アプリ制作に求められるスキル

アプリ制作に求められるスキルは一体どのようなものなのでしょうか。

まず、一言でアプリといっても、Webアプリやスマホアプリなど様々なアプリの種類があります。

これはまずは知っておいてほしいことで、今回は、その中でも「スマホアプリ」に焦点を当ててお話していきます。

ここでも、また分岐があるのですが、「スマホアプリ」というジャンルの中でも、「iPhoneアプリ」と「Androidアプリ」にわかれます。

この2つのどちらを制作するかによって、必要なスキルも少し変わります。

「iPhoneアプリ」と「Androidアプリ」にわけて、必要なスキルをお話していきます。

iPhoneのiOSアプリ制作に必要なスキル

Apple社が提供するものに、「iOSアプリ」というものがあります。iOSアプリはiPhoneなどで利用されているアプリのことです。

iOSアプリの制作や開発に必要なスキルとして、「Swift」というプログラミング言語があり、これはApple社公式のプログラミング言語で、これを使うことでApple社の製品全てのアプリを制作することが可能です。

Swiftの前にも、Apple社公式で使われていたプログラミング言語があり、「Object-C」というものが使われていました。

しかし、現在使用されているSwiftの方がシンプルな設計になっているので、初心者の方でも扱いやすいプログラミング言語といえます。

ただ難しいのが、このSwiftを使えるだけでは、アプリ制作はできないということです。

というのも、Swiftを使うのにはアプリ開発ツールである「Xcode」というツールが必要になり、XcodeはSwiftに並んでアプリ制作に必要なスキルで、制作にSwiftを使用する場合は基本的にXcodeが必要になります。

要するに、Xcodeを使いこなせて始めてSwiftを使いこなせたということになるのです。

Androidアプリ制作に必要なスキル

iPhoneアプリの制作についてでしたが、ここからはAndroidアプリの制作に必要なスキルについてです。

まず、必要になるプログラミング言語は、「Kotlin」という言語で、今までAndroidアプリの制作には「Java」というプログラミング言語が使われていました。

しかし、最近ではAndroidアプリ制作の公式プログラミング言語として、このKotlinが選ばれています。

元々、主に使われてきたJavaという言語は難易度が比較的高く、初心者向けではありませんでした。

でも、このKotlinは、記述がとてもシンプルで、初心者の方にもおすすめのプログラミング言語なのです。

その他にも、「Android Studio」というツールが必要になり、これはGoogleから提供されているもので、Androidアプリの制作では公式に利用されている開発ツールです。

アプリ開発や制作について様々な便利機能がついているので、これを使うことで作業の効率化につながります。

効率の良いアプリ制作の独学方法

実際に、独学でもアプリ制作のスキルは習得可能ということはわかりました。でも、具体的にどのような方法や手順で学んでいくのが効率的なのでしょうか?

もちろん、独学でも「効率の善し悪し」はありますが、知っておいてほしいのは、いくら効率的であっても「独学は時間がかかる」ということです。

でも、“時間がかかる”ということをわかっているからこそ、“効率化”がカギになりますね。

その通りです。では、一緒にどのような流れで学ぶのが効率的なのかについて見ていきましょう。

まずは「HTML、CSS」の習得を目指します!

この2つは、Webアプリなどの全般の基本になるものなので、身につけておいて損はありません。

様々な参考書など書籍で学習するのもいいですが、無料で利用できる学習サイトなどを利用して学ぶのが一番いいと思います。

個人差はあると思いますが、学習時間を十分に持つことができれば、1週間ほどで習得することも十分可能だといわれています。

そして、十分に「HTML、CSS」の習得ができたら、エンジニアなどがよく使用している黒い画面で作業を行います。

「真っ黒な画面にコードを打つ」という状況に慣れることもとても大事で、HTML、CSSで学んだコードをMacのターミナルなどに打ってみて動作を楽しむのもいい学習法の1つです。

そして、ここまで来たら、次にJavaなどのプログラミング言語の学習にも取り組みましょう。


中には数学的な知識が必要になることもあるので、その部分にも注意が必要です。

その後、プログラミング言語の保存に使用できるGifについてやデータベースの理解も求められます。

また、プログラミング言語を書いていく際にコードを短く短縮して書くことができる「フレームワーク」も学んでおくべきで、今後プログラミングを行う時の効率化に直結します。

完成したアプリを世に出す前には、しっかりセキュリティ面の注意も必要です。十分なセキュリティを施すことで、安心してリリースできます。

まとめ:アプリ制作に不安がある人はプロへ

今日は、スマホアプリを中心にアプリ制作においての必要スキル、そして独学についてでした。

何度もいいますが、アプリ制作については、独学でも習得は可能です。

ただ、100%独学となると、どんなに効率化を意識しても当然時間はかかります。失敗したりミスをすることも最初は特に多いでしょう。

独学でもアプリ制作はできますが、高品質のアプリを制作して世の中に送り出したいという方は、アプリ制作の専門家「株式会社アシスト」にお任せください。

豊富なアプリ制作の実績と経験豊富なスタッフによる、最高峰で最高品質のアプリをご提供いたします。

何か不明な点があれば、気軽にお問い合わせください。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

NEW
ARCHIVE