アプリ制作,

SNSで店舗集客するコツ【TwitterやFacebookなど】

今の時代、誰もが使っているSNS。人と人がつながれてオンライン上でコミュニティを形成できます。

そんな、SNSの特性を生かして、SNS上で店舗集客するという方法があり、多くの店舗やサービスが導入していると思います。

でも、実際ほとんど効果がなく、どのように活用したらいいのかわからない、、という人も少なくありません。

今日は、そんなSNSで店舗集客するコツについて徹底解説します。ぜひ参考にしてください!

そもそもSNS集客って?

「SNS」は知っていますが、SNS集客とは何ですか?

情報を広める

まず、SNSの特徴として「拡散する力」があります。

例えば、Twitter、

Twitterでは、「いいね」や「リツイート」したものは他のユーザーにも届きます。多くの人に届くので、その情報がより広く知られるようになるのです。

実店舗以外からの集客・販路の確保

SNSというのは、Web広告よりも種類が多く、その種類により異なるアプローチ法が求められます。

例えば、TwitterとFacebook、Instagram、皆さんが知っているだけでもたくさんあります。それらいくつものSNSを使うことで、高い集客力が期待できます。

ファンの獲得

フォローという機能がSNSにはあるので、面白い情報や役に立つ情報、キャンペーン情報などあらゆるものがユーザーの興味をそそりファンになります。

ファンが増えるということは、大きな集客につながります。

また、SNSにはDMという個人でやりとりを行う機能もあるので、より一層顧客に寄り添える形になっているのです。

SNSで店舗集客を行うメリット

無料で始められる

集客のために宣伝を行うとなると、やはりそれなりにコストがかかります。

しかし、SNSであれば基本的に無料で始められるので、初期費用が必要なく、手間を取らずにスタートできます。

有料の広告をSNSで打つことも可能ですが、先に述べたように「いいね」などの拡散機能により、たとえ0円であったとして大きな拡散効果や集客効果が期待できます。

ターゲット層に宣伝しやすい

どのSNSかによって、利用するユーザー層は異なります。

10代の若い世代が好むSNS(Instagramなど)もあれば、大人世代が愛用するもの(Facebookなど)もあります。自分がどのような商品を売り出すかによって、どのSNSを利用するかが変わります。

企業の商品と相性の良いSNSを利用することで、効率的に成果が得られます。

SNSで店舗集客を行うデメリット

メリットがあれば当然デメリットもあります。

即効性があるわけではない

低コストで始められるSNS集客ですが、開始してすぐに効果が得られるとは限りません。

どのくらいの時間を有するかは状況によりますが、だいたい数ヶ月〜半年くらいはかかると思った方がいいかもしれません。

炎上のリスク

これは、拡散いう意味でメリットでもあるのですが、SNSには炎上リスクがあります。

これが、マイナス方向に行ってしまい、集客だけでなく店舗のイメージダウンになれば売り上げにも関わります。

故意にすることはないと思いますが、不適切な投稿や顧客を不快にさせてしまうものは極力発信しないようにすること、企業のブランドイメージを低下させてしまうと取り戻すのにかなりの時間がかかります。

SNS集客のコツ

具体的にどうやってSNS集客をすればいいのですか?

SNS毎に優先順位をつける

いろんな種類のSNSを使っている場合は、優先度を決めます。

先に述べたように、各SNSには特性があり相性があります。相性が悪ければどんなに時間を割いて頑張っても効果は出ません。

適切なアプローチが重要になります。

SNS運用の担当者を決める

全て自分でやるのではなく、SNS集客はその道のプロにお願いします。

その方が、変化や異変に気づきやすく、適切な対処ができるでしょう。先に述べた、炎上リスクも事前に回避できます。

運用ポリシーを定める

しっかりと運用ポリシーを定めておくことで、炎上などのリスクを回避します。

そして、仮に炎上してしまっても、その対処法を事前に知っておくことで短時間で解決することができるはずです。

ついた火をなるべく大きくしないようにするということですね!

顧客のSNS利用状況を把握する

どんなにSNSの利用優先度を決めていても、顧客の利用状況とマッチしていなければ拡散されても新たな顧客獲得にはつながりません。

年齢や男女比率などしっかりリサーチしてください。

SNS店舗集客の成功事例

飲食店業:店舗集客の成功事例
飲食店では、SNSを活かし実店舗への集客を構築した事例がたくさんあります。

 FacebookやTwitterはいうまでもなく、Instagramを使い周知度の向上に努力したり、見込みユーザーとコミュニケーションを図る店舗が増加傾向にあります。

とりわけ、カフェやラーメン屋、レストラン、居酒屋等に該当することで、インターネット環境が整った現代では、店舗の外観や内観、メニューのビジュアルやスタッフの雰囲気などを事前にチェックして来店する人が多い傾向にあります。

特にInstagramは、この用途を満たす理想的なサービスといえます。

美容業:店舗集客の成功事例
美容室やネイルサロン、エステサロンを経営している場合、Webを使い集客を行います。

どこの業界もホームページやブログを保有しているため、ただ単に作っただけでは集客効果は少ないです。その他と違ったやり口を取り入れることが重要です。

ホットペッパーのようなポータルサイトは競合が多いので、差別化を図ることが大切。

例えば、ホームページやブログでマツエクのテクニックを公開する、

これにより、顧客に興味を持ってもらい、「来店したい!」につながります。

まとめ

いかがでしたか?今日は、SNSでの店舗集客のコツについてでした。

SNSの店舗集客は、各サービスの特徴をしっかり把握して、適切な層やターゲットに発信することです。これをやらないとSNSの高い集客効果は見込めません。

では、本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

NEW
ARCHIVE