アプリ制作,

副業に?アプリ制作のリアルな収入

ここ最近、アプリ制作がスポットライトを浴びていることをご存知ですか。

本屋に行ってもアプリ制作についての書籍がたくさんあり、学習教材が充実しているので、アプリ制作の経験がない初心者の人でも勉強さえすれば制作できます。

そのため、アプリ制作を副業として行う人も増えています。

ソーシャルゲームの売上数などを見ていると、一見稼げそうなイメージを持つかもしれませんが、実際はどのくらいの収入を得られるのでしょうか。

いきなり結論ですが、皆さんが期待するほど簡単には稼げなく、副業と限定された時間内では大きな収益を上げることは容易ではありません。

今日は、そんなアプリ制作を副業にしてどのくらいの収入を得られるのか、稼げない理由などについて紹介します。

アプリ制作に興味がある人は、ぜひ参考にしてください!

アプリ制作の収入源とは

アプリ制作の収入源には何があるのですか?

アプリ制作と一概にいっても、収入の柱は一つではありません。まずは、アプリ制作のオーソドックスな収入について解説します。
まず王道的な方法は、「アプリの有料化」です。価格を開発者一人で決められる他、ダウンロードされるだけで利益をあげることができます。

しかし、ここ最近のアプリは無料のものでもかなり高品質になっているので、個人で作成したアプリを有料で販売しようとするのは簡単ではありません。

有料にするのであれば、何かしらの「強み」が必要です。

もう1つの方法は、アプリそのものは0円で配信し、機能の追加に課金を促すことです。

最近では、このやり方が広まっており、ベータ版を0円で配信して製品版の購入やシステム強化に課金を促進するのがトレンドになっています。

広告収入

「広告収入」は、その名の通り、アプリ内に広告を載せることで利益を手にする方法です。

ほとんど全ての無料アプリにこの広告収入が組み込まれており、ユーザー側からしたら利用するのに「邪魔だな」と感じることもあるかもしれませんが、アプリ制作として収入を得るのにはいい方法の1つです。

ただ、覚えておきたいのは、広告収入で得られる収入というのは微たるもので、これだけで生活費を稼ぐというのは難易度が高いです。

受託開発

受託開発というのは、企業から案件を受託して開発を行うものです。

基本的には、企画書が取り決められており、内容に見合ったアプリを作る必要があるので、自由度という観点では低めです。

そして、案件によっては高収益を得られる可能性もありますが、副業という限られた時間内ではややハードルが高いといえます。

加えて、実務経験も求められます。

プライベートの時間を削ってでも学び、収入を得たいという人にはおすすめです。

アプリ制作で収入を得られない要因

アプリ制作ではなかなか稼げない、その理由は?

副業のアプリ開発で稼げない大きな要因は、「生産効率の低さ」「企業と個人の格差」「競争率の高さ」です。

順番に解説します。

生産効率の低さ

ニーズの高いアプリを一人で制作するには、相当なクオリティーが求められます。

クオリティーを確保するのは、当たり前ですが、豊富な知識や経験が必要になります。頑張って制作したアプリでも、世の中に送り出すと意外とダウンロードされなかった…ということも珍しくありません。

努力した時間と結果にギャップが生まれます。

多くの人にダウンロードしてもらうアプリを作り出すには、いかにユーザーのニーズを正しく掴み、上手にプロモーションを行うかです。

この2つのスキルを持っていないと、アプリ制作で収入を得るのは結構ハードルが高いです。

企業と個人の格差

最近は、どこの企業もアプリ開発に注力しています。

例えば、「ソーシャルゲーム」、

アプリ自体は無料ですが、その出来具合はまさに一級品。iPhoneのAppstoreでも無料ランキングの上位を占めています。

企業には専門的な開発チームがあり、アプリ開発に特化したエンジニアが集まってアプリを作っています。

個人で作ったアプリと企業のプロ集団が作ったアプリでは、当然クオリティーに差が出てしまいます。

個人で功績を残すには、いかにこのギャップを小さくするかが大切なのです。

競争率の高さ

冒頭で述べたように、アプリ制作は今やいろんな参考書などが売られており、初心者の人でも勉強をすれば作成できる時代になりました。

そのため、現在では数多くのアプリが公開されており、他と差をつけるためには「特徴」が求められます。

「ユーザーがどのようなアプリならダウンロードしたいか」、これをユーザー目線で考えることがいいアプリを制作するために重要になるでしょう。

企業は、宣伝費をたくさん出すので、アプリの知名度ではどうしても勝てません。クオリティー以前に、露出度という観点でもやはり企業にはなかなか勝てません。

副業として収入を得るのなら、ここのポイントをいかに埋めるか、縮めるかが重要になりそうです。

アプリ制作のリアルな収入金額

アプリ制作が簡単ではないのはわかりました。アプリ制作の収入金額は、どのくらいですか?

一概にいくらというのは難しいですが、1アプリの月の平均利益は44,000円ほど。ただし、6割くらいのアプリは実際のところ1,000〜5,000円の収入みたいです。

少ないですね!

個人差があるので、1ヶ月に10万円以上稼ぐという人もいますが、開始時に10万円稼いだアプリが1年後も10万円以上の収入を得ている割合は実に3割程度と小さいです。

安定した収入を得るのは、やはりアプリ制作では難しそうです。

まとめ

いかがでしたか?今日は、アプリ制作の収入についてでした。

副業として始めるのなら、アプリ内課金モデルではなく、まずは無料でダウンロードできるものを作り広告収入で収入を得るというやり方が一番現実的かもしれません。

それでも、そんなに大きな収入を得るのは容易ではありませんが、クリエイティビティをつけて他と「いい違い」を生み出したいものです。

そして、たとえ、日本国内であまり反響がなくても、海外にてローカライズ化し、反響が出るということも珍しくないので選択肢として知っておきましょう。

副業でどのくらいの収入を得たいのかによっても異なりますが、3〜5万円くらい稼げたらいいのなら楽しいアプリ・コンテンツを作ればそこまで高いハードルではないと思います。

アプリ制作に興味がある人は、まずは収入を考えずに、趣味の一環として始めてみるのもいいと思います。

より本格的にアプリ制作を行いたいという人は、アプリ制作を専門に行う株式会社アシストにお任せください!その道のプロが徹底的にサポートいたします。

NEW
ARCHIVE