Ahrefs(エイチレフス)とは?

Ahrefsとは、Webサイト運営では切っても切り離せない競合分析の全てを担ってくれるマーケティングツール。

また、競合だけでなく自社サイトの分析も出来るので自社サイトの強みを伸ばすだけでなく、弱みをなくすといった活用法も可能です。

Ahrefs(エイチレフス)の料金プラン

ここでは、Ahrefsの料金プランについて公式サイトの表を引用してご紹介します

Ahrefsには、無料プランがなく全てが有料となるので本格的に競合、自社サイトの分析を望むユーザー向けのツールです。

 

ライト

人気No.1スタンダード

アドバンスド

エージェンシー

 

手軽にSEO分析を実施できるエントリープラン

標準的な機能が充実したベーシックプラン

豊富なクロールデータを活用できる上級プラン

複数クライアントの支援に最適な代理店向けプラン

初期費用

$0

$0

$0

$0

月額費用

$99

$179

$399

$999

利用可能ユーザー数

1ユーザー

1ユーザー

3ユーザー

5ユーザー

ダッシュボード

登録可能なサイト数

5サイト

10サイト

25サイト

100サイト

ランクトラッカー

登録可能キーワード数

500キーワード

1,500キーワード

5,000キーワード

1万キーワード

ランクトラッカー

データ更新頻度

毎週更新

5日ごと

3日ごと

3日ごと

ランクトラッカー

モバイルランキング計測

 

 

 

 

サイトエクスプローラー

1日に可能な計測URL数

100URL

500URL

2,000URL

5,000URL

サイトエクスプローラー

被リンク計測取得可能レポート数

10万リンク

100万リンク

500万リンク

1,000万リンク

サイトエクスプローラー

ランキング計測表示数

上位20件

上位100件

上位100件

上位100件

被リンク増減アラート

メール通知設定

月次

月次~週次

月次~日次

月次~毎時

コンテンツエクスプローラー

レポート行数

1,000行

5,000行

1万行

25,000行

キーワードエクスプローラー

レポート行数

1,000行

5,000行

1万行

3万行

(引用元:https://ahrefs.jp/)

Ahrefs(エイチレフス)の使い方

ここからは、Ahrefsの使い方について解説していきます。

Ahrefsは、コンテンツマーケティングにおいて非常に重要な分析機能を多く取り揃えています。

その中でも

・Site Explorer

・Content Explorer

・Keywords Explorer

上記3点はサイト分析の際の必須機能ですので、1つずつ詳しく解説していきます。

Site Explorer(サイトエクスプローラー)の使い方

Site Explorerの主な機能は、競合サイトの被リンク、トラフィック情報を得ることが出来ます。

サイトエクスプローラーの使い方はとてもシンプルで、ボックスに検索したいドメイン、または URL を入力します。

入力した URL と完全に一致した URL のみのデータ。

 

・部分一致

入力した URL と部分的に一致する URL のデータ。

・ドメイン/*

サブドメインを含まないドメイン全体のデータ。

・*.ドメイン/*

サブドメインを含むドメイン全体のデータ。

上記4つのオプションにて、検索結果を絞り込むことが可能です。

Content Explorer(コンテンツエクスプローラー)の使い方

Content Explorerの主な機能は、SNSで最もシェアされているコンテンツを表示することが出来ます。

表示されるSNSはこちら

・Twitter

・Facebook

・Google+

・LinkedIn

・Instagram

上記5つのSNSでのシェア数に応じてランキング化される機能。

検索窓にキーワードを入力すればすぐに順位付けされたサイトが表示されます。

また、こちらも検索結果の絞り込みが可能。

・Publist date(投稿日)

・languages(言語)

・share(シェア数)

・Domain Rating(ドメインパワー)

・Referring domains(参照ドメイン)

・オーガニックトラフィック(検索流入)

・key word(キーワード数)

など、様々な項目ごとに絞り込めるので、自身の目的に沿った検索を行えます。

Keywords Explorer(キーワードエクスプローラー)の使い方

Keywords Explorerの主な機能は、Google キーワードプランナー同様の検索ボリュームを調べ上げることが出来る機能。

Keywords Explorerでは

・検索ボリューム

・キーワード難易度

・クリック率

・リターン率

・上位トピックス

上記のような、他の分析ツールにはないような機能が豊富なのでキーワード選定ツールとして非常に優秀です。

使い方もシンプル。他のエクスプローラー同様、検索窓に調べたいキーワードを入力するだけです。

ここで、複数ワードとなるミドルキーワードやロングテールキーワードを調べたい場合は、キーワードを「コンマ」で区切ることで複数ワードで検索が可能です

また、最新のアップデートで調査可能な検索エンジンが追加されました。

追加された検索エンジンはこちら

  1. Bing

  2. Yahoo

  3. Baidu

  4. Daum

  5. Naver

  6. Yandex

  7. Seznam

  8. YouTube

  9. Amazon

上記9つの検索エンジンが追加されたこともあり、Ahrefsのリサーチ能力は確実に進化しました。

特に、YouTube検索の分析も可能となったことでGoogle検索でも上位表示されるようになった動画コンテンツにも対応出来るのが大きいです。

テキスト媒体がなくなくことはないですが、やはり動画コンテンツ需要が伸びているということを見ても、YouTube検索の分析効果は確実に強みになります。

Ahrefsダッシュボード(結果概要)の利便性

それぞれ、コンテンツマーケティングに便利な機能を紹介しましたが、それらを総合して視認できるダッシュボードについても紹介しておきます。

ダッシュボードとは、検索したキーワードに関する様々な情報を一括で確認出来る機能です。

・Keyword difficulty(KD)

SEO難易度をわかりやすく数値化したものです。

・Search volume

過去12か月間の指標を元にした、1か月あたりの平均検索ボリュームです。

・With сlicks

検索ユーザーが、検索結果をクリックする割合。

・Without clicks

検索ユーザーが、検索結果をクリックしない割合。

・リターン率

ユーザーが、1ヶ月間に同じキーワードを再検索するかを示しています。

・click

キーワードを検索したユーザーが、検索結果からページをクリックした数値。

・Paid

クリック数に対してリスティング広告が占める割合。

・Organic

クリック数に対してオーガニック検索が占める割合。

・Clicks / search(CPS)

1度の検索に対して、ユーザーが検索結果をクリックする割合。CPS が高い記事は、検索順位に関わらずクリック率の高い記事ということになります。

・Global volume

1ヶ月間におけるキーワードの全世界の検索ボリューム。

・Parent topic

検索したキーワードの”親”といえるキーワードです。より範囲を広げたキーワードが表示されます。

・検索ボリューム

ビッグキーワードの1か月間の検索ボリューム。

・Traffic potential

”親”キーワードでランキングトップに表示された場合に得られる予想トラフィック量です。

まとめ

この記事では「Ahrefs(エイチレフス)」について紹介しました。

最後に、この記事の内容を簡単にまとめてみます。

・Ahrefsはリサーチツール

・全プラン有料、無料版はなし

・独自のリサーチ機能がある

・他のツールにはない機能が多数

・YouTube検索分析は非常に強力

このような内容でした。

決して安くない金額なので、法人ではない個人での使用にはそれなりの覚悟を必要とするリサーチツール。

ただし、金額以上の価値はあるので使いこなして自社サイトやブログなどに反映することで、ライバルとの差を大きく開くことも可能です。

NEW

ARCHIVE