ワードプレスってそうなの?プロが推奨しない理由を解析

ワードプレスというCMSをホームページ制作にご興味を抱かれている方なら必ず聞いた事があるキーワード。

ワードプレスがCMSと考えている方も数多くおります。ワードプレスにて5000社以上のホームページ制作をしたプロだから分かる「メリット」「デメリット」をプロの目線にてお伝えさせて頂きます。

CMS構築について詳しく知りたい方は関連記事をご覧ください

▼ 関連記事

CMS構築の注意点をホームページ制作のプロが詳しく解説

ワードプレスについて詳しく解説

ワードプレスって良く聞くけど具体的にはどんなサービスなの?

ワードプレスは別名ブログ型CMSと言われ「ホームページを管理・運用」するいわゆるCMSにおいて、日本で一番使われているサービスであり、ワードプレスの価格は0円・オープンソースと0円の画期的なサービス展開しているCMSサービスです。

まずワードプレスを知るには「オープンソース」を知る必要があり、ワードプレスとオープンソースは切っても切れない関係にあるほど親密な関係です。

ワードプレスとオープンソースの親密な関係はどういう事なの?

ワードプレスとオープンソースの親密な関係を簡単にWikipediaにて解析します。

▼ オープンソース(Wikipediaより)

オープンソース とは、ソースコードを商用、非商用の目的を問わず利用、修正、頒布することを許し、それを利用する個人や団体の努力や利益を遮ることがないソフトウェア開発の手法。ソースコードへのアクセスが開かれていることではない。


つまり利用方法を問わずプログラム(ソースコード)を無料で色々な方々と共有をしなから開発をしていく。とい開発手法であり、メリット・デメリットが双方多数ある開発方法です。

ワードプレスの仕組みや座組みを紹介します

無料で開発したら成り立つの?ワードプレス凄いですね

ワードプレスはオープンソースであり素晴らしいCMSサービスですが、良し悪しが数多くあります。

ワードプレスは利用する際にサーバーインストール型と言われる、サーバーへインストールする形のCMSサービスであるがゆえに、オープンソースにおける様々な弊害やリスクがも数多くあります。

「無料で使える・みんなでプログラムを共有できる・一番利用されているCMS」こう聞くと違和感なく欠点がないように聞こえますが、実は色々あるんです。

ワードプレスの「メリット・デメリット」はどのような事があるんでしょうか?

メリットはやはり「オープンソース」であるがゆえに、価格は無料であり導入しやすい。しかもオープンソースで色々な方々がワードプレスを利用しながら機能を開発しており「プラグイン」と言う名称で展開しています。

このプラグインも競うかのように?マーケットでは無料でやりとりされており、中には優秀な開発者で有料にてプラグインを販売している方々もいるぐらい成熟しているマーケットであります。

つまりわかりやすく解析するなら、スマートフォン本体がワードプレスであり、アプリがプラグインと理解すると非常にわかりやすいです。

ワードプレスのメリットを解説します

ワードプレスすごく良いように見えますが

ワードプレスはプラグインがある事で、欲しい機能が直ぐに無料で手に入る。非常に優秀な機能は一部有償ですか、安価で手にはいる事には変わりなく、やりたい事が手軽にできる事は間違いありません。また機能だけでなくデザインに関しても「テーマ」と言われるテンプレートを数多くの方が無料や有料で展開しており、オープンソースの特徴である共有して利用できるので、効率よく作れる利点があります。

しかし「良い話には裏がある」WEB業界を牽引し発展させたのは間違いなくワードプレスであり、当社もワードプレスを利用していた過去がある為に否定はしませんが、今はワードプレスの展開は限界に達しています。

ワードプレスは限界に達しているんですか?

ワードプレスには以下の「デメリット」あります。

① サイトスピードが遅い

② エラーが起きやすい

③ セキュリティ面に大きな課題がある

④ 操作性が難しく専門性が問われる

⑤ プロの業者がいなく対応が難しい場合がある

こちらを詳しく解説していきます

ワードプレスのデメリットとは?

デメリットは具体的に知りたいですが

やはり1番の問題点は「セキュリティ面の不安」「保守体制」「自由度の狭さ」この辺りがおおきな問題です。脆弱性が高くセキュリティ面をプラグインやサーバーにコストをかけて対応しなくては、脆弱性を対処する事はできません。

しかし脆弱性をコストをかけていたら、オープンソースの利点な半減してしまいます。更にバージョンアップの度にメンテが必要となることから、結果維持発展にはコストがかかり、運用の大きな弊害になります。また自分自身で触れる領域は限れており更新が進まない。やりたいデザインに出来ない。などブログ以外の機能に弊害があり、ブログにしても吹き出しや目次などにはカスタマイズが必要となり、他の機能とのバランスなどまもあり、中々導入できないデフォルト仕様のままで、効果がでずらい側面もあります。

ワードプレスは使い方は難しいですか?

ワードプレスは使いこなすには「html.css.js」などのweb記述を理解している必要があるので、一般的には難しいと言われています。

更に最大の難点がホームページの「高品質化」が難しいという事です。ホームページは制作が完了してからが、スタートであり如何に成長させるか?が大事であります。しかしワードプレスには「分析機能」がない為にホームページの良し悪しの判断ができず、見様見真似でページを作るとために低品質のページが増加し、サイト価値を低下させます。やはり「診察無くして治療なし」「分析なくしてサイトなし」であり、高品質化を目指す上では分析・改良はマストです

株式会社アシストのCMSについて

アシスト製品のCMSは分析や解析はできるの?

アシスト製品のCMSは分析・解析までがパッケージ化されたパフォーマンスを最大化を目指している高機能CMSです。

Googleのデータにより「リライトする記事・新規で書くタイトル・メタの改善」などを把握できる機能があり、ワードプレスと比較して運用がしやすいです。

仮にご満足頂けないことがあったとしても、分析・改善を繰り返していく事を前提と考えれば「成功の種」でありある意味順調です。

うまくいかない事が順調なんですか?

アシストが提供するCMSはワードプレスとは異なり解析・分析までが一本化されたパッケージの為にサイトを成長させる事ができます。

サイトを成長させるには「様々な経験」が必要となります。サイトも人と同じで経験を積むことで成長していき、パフォーマンスレベルを向上させます。一方ワードプレスなどは改善や改良に対して専門知識が必要な為に事実上一発勝負でサイトを運用する事が必要となる為に運用ハードルが高くなります。

本記事の監修・記載について

株式会社アシスト宇井和朗が記載させて頂きました

本記事は株式会社アシスト代表取締役宇井和朗にて監修・作成をさせて頂きました。年間5000サイト以上の制作を行い、同業者様向けへの事業支援を多数行なっている専門家でありながら、一方更なるスキル向上を目的とし自らサイト運営を行いながら成果を出しいきながら「生きたノウハウ」を得ています。

▼ 株式会社アシスト 

https://assist-all.co.jp/column/20200420-1604/

▼ アクセス

https://g.co/kgs/nZ9btP

NEW

ARCHIVE