コロナ対策での集客に光を浴びるホームページ制作なら株式会社アシスト

昨今のコロナウイルスの長期化により日本経済は非常に大きく変化をもたらしました。当たり前の事が当たり前どなくなり、Ubereatsなどのオンライン型出前サービスを始めとした「コロナウイルス」との付き合い方にメリットがある業態が非常に売上を伸ばしており、対策が遅れている又は対策が認知されていない業態の方々には大変厳しい時代が到来しました。本記事ではコロナウイルスが長期化する中で「店舗様が勝ち抜いていく」為の対応や情報発信について記載させて頂きます。繰り返しますが「当たり前が当たり前でない時代」への勝ち方をご紹介します。

お客様はコロナウイルスにより不安になり様々な要素で選定する時代へ

コロナウイルス

コロナウイルスにより店舗経営に大きなダメージが発生

コロナウイルスの感染拡大により緊急時代宣言が発令され、日本経済の動き方は大きく変化しました。その後コロナウイルスが収束し経済も賑わいを取り戻すように思われましたが、残念ながら第二波が発生してしまい、コロナウイルスと長期化して付き合っていく事が決定的となってしまいました。

コロナウイルスの拡大により「不必要な人との接触」を避ける事が当たり前になり、人の集まる飲食店や娯楽施設、美容業などのサービス業全般の方々に多大なるダメージが降りかかり、店舗の運営についても、国や都道府県からの休養要請や綺麗事抜きに経営して行かなくては本音との狭間で、如何にコロナウイルスと付き合っていくか?の決断が迫られ頭を悩まされれている経営者の方も数多くいらっしゃると思います。

コロナウイルスにより不安を感じる業種について

コロナウイルスが衰える事なく脅威拡大している事で多くのお客様は不安と予期せぬ事態を想定され購買活動が停滞しています。

インターネットを利用し「コロナウイルスに対する危機感」の調査を行なっている結果を拝見すると、店舗利用に「危機感を感じる」と回答された方が87%おり、非常に店舗利用に進捗になられている事がわかります。また「不安を感じる業種」についてのアンケートでは「ジム関連75%」「飲食業67%」「美容関連60%」となっており、不安要素が最小の「塾・スクールでさえ53%」と全ての業態においてお客様が大変不安に感じておりサービス業全体に多大なる影響が及んでいる事がわかります。

尚、東京商工リサーチによると7月の企業倒産件数(負債1千万以上)は今年最多の789件となっておりコロナウイルスにおける影響が表面化しつつあります。

自粛疲れやコロナ長期化でのコロナウイルスとの付き合い方が大事になる

ステイホーム

コロナウイルスが収束したらやりたい事などを調査

コロナウイルスの影響により自粛活動を受けコロナウイルス収束後に利用機会を増やす意向についてアンケートをインターネット上にて行っているデータがありましたので纏めてみました。

インターネット記事によると「飲食店の利用時代60%」「フィトネス47%」「美容業40%」となっており、日常において当たり前に利用していた店舗やサービスを利用する事が出来ず、コロナウイルス収束後に利用したい意向を強くお持ちになっている事がわかりました。

ニュース記事などにおいてもコロナウイルス終息後にやりたい事などは多数記事などにされており、大変関心が高い事がわかります。

コロナウイルス長期化における自粛疲れが表面化しTwitterなどに拡散

Twitterなどのトレンドには「自粛疲れ・コロナ疲れ」などの投稿が日に日にされており、中にはコロナウイルスの自粛疲れにより精神的低迷してしまっている方も多数います。友人との会食や飲み会、旅行などが事実上できなくなってしまい、生活環境が大きく変化しています。中には我慢できず繁華街などに繰り出しクラスターしてしまうケースなども報告されており行動面からも自粛活動に限界が達している事が見受けられます。

インターネット調査によると「70%近く」の方が自粛・コロナ疲れを感じており「コロナ長期化」によるメンタルダメージが日に日に大きくなっています。TwitterやInstagramで「♯コロナ疲れ」は3万投稿以上あり自粛疲れが見受けられ、利用自粛からコロナウイルスて付き合っていく形を形成する事が必要となっております。

店舗選定や利用にコロナ対策に安心を感じる

店舗選定

コロナ対策の情報発信は来店の一押しになる

緊急事態宣言の解除はされましたが事実上コロナウイルスの感染は日に日に拡大しており、コロナウイルスと向き合い付き合っていく事が求められいます。一方お客様は店舗利用を不安に感じている方が大半で利用店舗の「選定基準」が大きく変化しています。

コロナウイルスが拡大する前は立地や外部評価、料金などを踏まえて店舗利用を決定するのが方程式でしたが、現在は+@で「安心」を付け加える形で決定されます。店舗側もコロナウイルス対策を実施しておりますが「紙やチラシ、店内掲示」などで告知しておりますが、お客様は来店前に目に見える事で安心を感じられます。

店舗様が主に行っている対策として「除去対応・喚起・店内レイアウト変更」などを行なっている方が多いですが残念ながら来店前のお客様には認知されていない。正しくは情報取得が行えずお客様に正確な情報が伝わらないのが実状です。

繰り返しになりますがお客様は店舗様の取り組み、スタッフ様の対応状況などをご自身で感じられて「安心」を強く感じられます。コロナウイルス感染拡大が起き新たな店舗経営が求められる現代では如何に「安心」を感じて頂けるか?が非常に重要となります。

情報発信はスタッフや店内のコロナ対策認識の向上になる

店舗側が積極的に情報発信を行う事はスタッフ様や店舗関係者様のコロナ対策認識度の向上に大きく繋がっていき、現場レベルでの認知度向上とブランディングに貢献していくという副産物のメリットもあります。

現場レベルでの対応や対策、つまりスタッフ様レベルでの対応や対策がなにより大事であり、ガイドラインとして対策できる事は非常にメリットです。

インターネット上にて、自らの伝えたい事を好きなように情報発信できる媒体はホームページが非常に有効です。広告媒体は掲載情報に制限があり載せたい情報が載せれない。または同じレイアウトにて他店と同じような掲載になるために差別化が図れない実情があります。

ホームページ制作を通じて如何に「情報発信」をしていくか?店舗選定の基準が変わっている今はお客様を呼び込むチャンスです。

自店の対策状況などを来店前のお客様に理解を示して頂き「安心」を強く伝えましょう。安心は選定基準になり集客に大きく繋がっていきます。

▼ 事例のご紹介

コロナでも習い事(生徒)が増加するホームページ制作なら株式会社アシストへ

株式会社アシスト宇井和朗が監修しました

株式会社アシスト代表取締役宇井和朗にてこちらの記事は監修させていただきました。主な情報源としては「Google検索エンジン」等を利用し情報を収集し記事を作成・編集させていただきまました。

株式会社アシストは月間500サイト以上のホームページ制作・アプリ制作・ランディングページ制作を実施しているプロ集団です。制作業務から取材・構築までを自社内で行っており、多くの競合他社なだからの業務も請け負っております。

ホームページ制作やアプリ制作をご検討中の方々は一度ご提案をさせてください。WEB技術力・実績を駆使したご提案をさせて頂きます。

NEW
ARCHIVE