店舗向けHP制作(スマホ対応)はレスポンシブデザイン対応の株式会社アシストヘ

日本の企業数や人口数が縮小していく中で、宣伝広告費用は右肩上がりに上昇しています。具体的にはインターネット関連の広告が単独としては初めて2019年に2兆円を超え中小企業様が「売上・採用・新規開拓」を行う際はインターネットやWEBを如何なる場合も利用をするのが当たり前の時代に突入しました。背景としてはスマホの普及や5Gサービス開始によるネット普及やコロナウイルスの影響によるオンライン化などにより、ホームページ保有率は企業対比80%近くまで上昇しました。

しかし保有しているだけでビジネスツールとして使えていない、スマホ対応出来ていないなど課題は沢山あります。本記事では店舗の方々に対してWEB制作がなぜ必要なのか?などをご紹介させて頂きます。

無料ツールを利用しスマホサイトを制作するメリット・デメリット

無料系や安価ツールを利用しスマホサイトを制作できるの?

スマホサイトは大概の制作ツールで制作が可能でありスマホサイト作成を安価系や無料系で制作するメリットは「簡単・費用を抑え」て制作が行える点です。

具体的な事例として、web制作会社にてスマホサイトを作る場合はパソコンサイトとスマホサイトは別の費用が発生し、スマホサイト作成に対して費用が別に発生してしまいます。

対してツール系の大半はしかし、スマホ対応のホームページ制作パッケージが大半で、パソコンサイト制作と併せて、スマホサイトが完成する場合が大半であり、後々スマホサイトを追加するなどの手間がかかりません。

尚、スマホサイトやホームページ制作は事前に用意したテンプレート「雛型」を選択肢、写真・テキスト・基本情報(社名・住所など)を入力していくだけで、とりあえずスマホサイトやホームページを制作することが可能となります。

安価なツールを利用しスマホサイトを制作するデメリットはあるんでしょうか?

ツールを利用しスマホサイトを制作するデメリットは実は沢山あります。スマホサイトの役割は大きく分けて2つあります。具体的には「ファーストビューを中心とした見易さ」「Google基準での構築・運用」この2点が非常に大事になっています。

※ファーストビューとはスマートフォンで初回起動の際に表示される領域です。

しかしツール系のスマホサイトはファーストビューが意識をし制作する事が残念ながらできず、予め指定されたレイアウトに嵌め込む形になってしまいます。結果アクセスに対してのコンバージョンや成果に問題が起きる事が発生します。

またもう一点のGoogle基準の構築・運用は未来に続くweb制作については譲れない内容となっています。まずどんなに素晴らしいサイトでも制作完了は土台である事には変わらず、サイトをメンテナンスしなくては効果永続的な反映は見込めません。つまりサイトの初期構築や制作は重要ですがそれ以上に運用を行いどこまで成長させるか?が非常に大事となっており日々の積み重ねや努力をGoogleは高く評価している傾向にあります。

スマホサイトをツールを利用し制作すると、修正や管理できる範囲が限定的でありサイト成長や運用に限界があり、その限界が大きなリスクになります。

以上の事からスマホサイトは事業に使える正しいツールでなくてはいけなく、安価なツールや操作が限定的なツールは大きなマイナス面があります。

成長が見込めないホームページ制作はビジネスに不向きなんでしょうか?

スマホから運営が出来ないツールが多数である。

モバイルフレンドリー対応=レスポンシブルデザインである

モバイルフレンドリー対応のWEBサイトが重要

キャッチコピーの位置やサイトスピードが重要

カラム数を意識に縦長いサイトになりやすい

コンバージョンを考えた導線はあるか?

店舗様にスマホサイトは必要不可欠である

NEW
ARCHIVE