CMS構築を誰でも丸分かりポイントをプロが伝授

ホームページ制作で「売上・集客・採用」について結果を出したい「ホームページをリニューアルし」効果を出していきたいと調査していると、良く見かける専門用語が「CMS構築」です。
ホームページ運用や更新・管理が簡単に自分自身で行えるなどの情報は良く目にしますが、実際にCMS構築を行うに辺り注意する事や比較する内容、最低限の地質など様々な疑問がでてくると思いますが解決できるようになるはずです。

本記事では専門的な立場から「CMS構築のメリット・デメリット」を実際にご質問頂いた実例に基づきながら解説していきます。こちらの記事を読めば、優秀なCMS構築や注意点などがプロ並みの目利きにて判断できるようになります。
是非、CMSを構築する為の調査や比較にお役立て頂き、ご自身の運用と噛み合うCMSのをご選択頂く材料としてください。

▼ 参考情報

こちらの書物を引用して記事を一部作成しています。

▪️発行年 2017年9月

▪️出版社名 日経BP社

▪️書籍名 5000サイト、200億広告運用のプロが教える 儲かるホームページ9つの兵法

▪️ 著者 青山裕一

▼ 公的機関

中小企業庁経済産業省でもホームページ制作の必要性や補助金などの情報があります。

https://www.meti.go.jp/

https://www.chusho.meti.go.jp/soshiki/teigi.html

CMS構築とは何なのか?初心者でも分かりやすくメリットを解説

レクチャー

サイト成長をリアルタイム情報発信しながら行える

CMS構築をすると様々なメリットが沢山あります。現在中小企業様のホームページ制作保有率は80%近くになっており、大半のホームページにはCMS構築がなされています。しかしCMS構築には他社多彩な機能や品質があります。まずはCMS構築のメリットや出来ることを理解する事が非常に大切となります。取り急ぎ下記にメリットを記載します。


▼ リアルタイム性の情報発信が可能となる

CMS構築によりhtmlやcssなどの専門知識や技術が備わっていなくても「ホームページ運用」が可能となる為に、伝えるべき情報発信を事業スピードに合わせてタイムリーにお伝えする事が可能となり、お客様が求めている情報に対して伝達スピードが非常に大事な現代の情報社会において、他の企業に引けを取らない小回りが効いた事業展開を実施可能となります。 

株式会社アシストが提供するCMS構築は中小企業様が利用出来るよう運用に力を入れており「パワーポイント」の操作性を重視した見たまま編集にて運用が可能となります。 

直感線が高い見たまま編集画面はこちら


▼ ホームページ運営管理費を抑えるだけでなく、載せたい情報をご自身の判断で情報発信出来る

ホームページ運用を制作会社やコンサルに依頼する必要が無いために、余分な外注コストやコンサルコストの削減が可能なります。コンサルや外注の方々を通じず自社の言葉で「専門性を持ち」ホームページ運用を行う事は、現場目線のユーザー求めている強い情報となり、売上や集客向上への強い一押しとなります。

株式会社アシストが提供するCMS構築はFacebookやTwitterインスタグラムなどのSNSとの連携もあり管理運用コストや手間を省略する事が可能となります。


▼ SEO対策や検索対策に非常に有効となる

ホームページの管理や運用が簡素化され運用・更新頻度が頻繁になり、コンテンツの中身が上昇することは、Googleからの評価なとが上昇しSEO対策や検索エンジン対策・最適化につながります。

Googleは2018年から検索ロボットの仕組みを変更しており「量から品質重視」の高品質なサイトや記事を好む特性に変化しております。

安価なCMS構築や無料版CMSサービスなどは、Googleに情報を開示するhtmlコード(ソースコード)が複雑で読みづらく、検索エンジンに理解ずらいサービスですと、幾らホームページを運用しページや記事を増やしても、低品質なページと理解されてしまいSEO効果は半減していきます。

SEO対策の目線からCMS構築のメリットを見ると「タイトルなどのメタ情報」を安易に設定できる事がメリットであり、SEO対策において、ターゲットを意識しメタ情報などのタグにキーワードを設定する事は、サイト制作の基礎であり最重要な内容となりGoogleなどの検索エンジンに情報を正確に伝える事が可能となり効果が見込めてきます。

株式会社アシストが提供する高レベルのCMS構築サービスは勿論SEO対策の基礎や各種の細かい設定などにきめ細かく対応しています。他社のサービスでは専門知識がないと実現ができないプロの領域まで、見たまま編集でご提供可能となります


▼ Googleからホームページへのクリック率を高める事ができる

Googleなどの現在エンジンを利用する
ユーザーは、検索エンジンに表示される「タイトルテキストやサブタイトル」の説明文を確認してホームページへ流入してきます。Googleなどの検索エンジンへの表示のさせ方を専門知識不要でまるで専門家のように最適化できるのはCMS構築のメリットであり、クリック率や流入率の向上に大きな役割を果たします。

CMSで構築すれば簡単に運用や更新できるだけでなく様々なメリットをもたらします。上記の内容は基礎の内容になりますが全てを網羅出来ないCMS構築が非常に多いのがホームページ業界の実情であります。是非プロが監修している本物のCMS構築をご検討ください。

CMS構築をするとサイト制作・運用時間・追加費用も縮小できる?

サイト制作においてプロが監修した本物のCMS構築を利用すると「オリジナルサイトの制作」が最大66%縮小され、生産性を大きく向上させられる制作側のメリットを持ち合わせております。

従来のCMSにおいてホームページ制作を行う場合は1からHTMLにて記載し制作する又はテーマなどのテンプレートを利用し外部の無料CMS構築を利用しサイトを制作するなどが一般的でしたが、無料系CMS構築で制作されたサイトは、どうしても制作する事がゴールになってしまい、ビジネスで通用する「オーガニック検索などに強いホームページ制作」には不向きです。

対比「株式会社アシストのCMS」はGoogleなどの検索エンジンに対して分かりやすいhtmlは勿論、画像をwebpなどの新しい画像拡張子に変換する機能など、現代のGoogleが求める仕様や条件をクリアしていき、抜群の機動力を誇りながらお客様のお手伝いをしています。

また、CMS構築が優れている会社は「高品質なホームページ」を費用対効果抜群で制作する事が可能なります。制作スピードが3倍にて可能となる事で「制作工数」が短縮され費用面などに非常に良いインパクトをもたはす事ができ、初期制作だけでなく「運用開始後のページ追加や編集」などについても発生する追加コストを最小化していき、継続的にホームページ運用を限られた予算内で行う店舗・中小企業様からは大きな指示を受けている理由となっています。

更に昨今では誰もが利用しているスマートフォンから管理画面を何処まで操作できるか?がホームページ運用の非常に重要なポイントとなります。

20000社以上の中小企業様のホームページ制作やCMS構築を見てきましたが、パソコンやタブレットからホームページを運用出来る方は非常に少数であり事業導線に結びつきません。

中小企業様が運用を負担なくしていく為には、スマートフォンでブログやコラム、ページ追加は勿論、解析・分析・画像変更、メタキーワードやレイアウト変更など、パソコン操作と差異がない運用を自由にスマートフォンから出来る事が運用を成功させるか?の可否に大きな影響を与えます。

※繰り返しになりますが、CMS構築はホームページ制作会社によりレベルが非常に乱高下します。無料版のCMSを有料化してくる業者や一昔前のCMSを当たり前のように提案してくる業者などが多数おりますので、是非こちらの記事を参考にして頂き専門性の高いCMS構築をご選択ください。

CMS構築のデメリット

デメリット

操作性を覚えて運用する必要がある

システムは使い方わ操作方法を理解し使わなければ宝の持ち腐れになってしまう可能性がCMS構築を問わず全てのシステムや商品にリスクとして顕在化しています。CMS構築をし運用するには操作方法を理解する為の学習プログラムやサポート体制を理解しないまま導入してしまいますと、運用出来ず大きなデメリットになってしまうケースがあります。

運用できる可能性を広げていくには、直感性が高いCMS(Word・Excel・PowerPoint仕様)を構築する事が必要であり、運用者は機能面や構成を理解する必要があります。

運用難易度を下げていき効果的にCMS構築を利用していくには、「サポート体制やスマホ対応の可否」を必ず導入条件に入れて頂きデメリットの排除を実施してください。

ホームページのデザインが制御されるCMS構築が多数ある

安価なCMSや無料系のCMSはホームページ制作のデザインにテンプレート(テーマ)と言う仕組みがあり、決められた枠組みの中で画像やテキストを入れ替えページ制作や更新運用を行っていきます。

デザインテンプレートから外れたデザイン要望はCMS管理画面から操作や制御ができなくなる為にPHPというプログラム言語を利用しデザインテンプレート側やCMS側の再構築が必要となるのが一般的となり、PHPプログラムを触れる方がいない中小企業様等ではデザインの自由度が制限される事がデメリットとしてあります。

株式会社アシストが提供する高性能CMSではデザインテンプレートの枠組みを超えて、htmlやcssを直接webデザイナーさんにて書き込みが可能となります。PHPなどの専門性の高いプログラム言語を利用しなくとも、他のCMS構築ではPHPプログラムが必要となるようなレイアウト変更やデザイン制作が可能となる仕組みを実施しています。つまりCMS構築のデメリットであるデザインテンプレートの自由度がなく、デザインが自由に作れない問題を解決し「オリジナルデザインのホームページ制作やCMS構築」が容易に対応可能であります。

また制作したホームページのデザインなどは資産化として制作会社様のパーツ化されるので作業効率の上昇や販売価格の低価格化などを実現できます。

ホームページ仕様書・資産化についてはこちらで詳しく説明

ブログ移管などのデータ移行が大変な場合がある

ホームページ制作を初めてする方には対象外であり見慣れない内容かもしれませんが、リニューアル(作り変える)制作にてホームページ制作やCMS構築をする方には非常に重要なポイントとなる事それが「データ移行」です。

データ移行とは元々のホームページなどで運用し作り上げた「ブログやギャラリー、事例集」などを削除や廃棄するのではなく、新たに構築し制作するホームページ側に移設する作業をデータ移行と言います。

▼ データ移行を行うメリット

ホームページは育てる・成長させると言うお話をよくお耳にすると思いますが、この育てると言う事がブログやギャラリーなどのページ更新に該当します。データ移行が出来ませんと、仮にドメインは同じでもリニューアル(ホームページ変更)をした際に過去のブログやギャラリー・ページなどは消えてしまいますので「削除した」と同じような状態になってしまいホームページの効果は大きく低下してしまう可能性があります。

そこで元々運営してきたホームページの効果を持続させるために行う作業が「データ移行」であり、様々なパターンやシチュエーションがありますが、大きく分けると2パターンあります。

① 現在利用中の旧ホームページがCMS構築をされている場合

② 現在利用中の旧ホームページがCMS構築されていなく、静的ファイルで制作されている場合

大きく分けて2パターンあり其々のパターンにより対処方法が異なります

▼現在利用中の旧ホームページがCMS構築をされている場合

この場合はデータベースをCSV(Excel)などでエクスポートを実施しファイル形式にすることで、新たなCMSに組み込む事が可能となるケースが大半です。中にはデータベースに対応していなくインポートできないケースもあるようですので、事前にご確認をして頂く事が非常に大事となります。 

現在利用中の旧ホームページがCMS構築されていなく、静的ファイルで制作されている場合

エクスポート機能が静的(CMS構築無し)のホームページの場合は行う事が不可能となり、データ出力が行えません。そこで行う作業がクローリング作業です。クローリング作業とはホームページをシステムが閲覧し、データ移行したい情報を自動的に抜き出す方法であります。CMS構築されているホームページでも「ID/PASSが分からない」や「エクスポート機能がない」などの同じようなシチュエーションの場合は静的ホームページと同様でクローリング作業を実施します。
※ クローリング作業の作業過程

「データ移行計画書作成→データ移行設計→スプリクト設計→作業実施→検証・チューニング」この作業をフォルダ事(ブログ・ギャラリー毎に作成)し行います。データ移行対象記事数が多い場合などは、スケジュール化しときませんと間に合わないや、場合によっては業者側が対応できない。などのケースのご相談もよくあります。

CMS構築でデータ移行を行う場合はデータ移行を考慮してCMSをご選択する必要があります。勿論株式会社アシストではすべて数日で対応可能です。月間サイト500サイトを超える制作実績があり、過去のクローリング作業実績などが多数あり、他社様より安く提供可能なケースが大半です。データ移行をご検討中の方はお気軽にお問い合わせください。専門性の高い専属スタッフが親身にご対応をさせて頂いております。

CMS構築後の脆弱性やバージョン管理・メンテナンスが複雑な場合がある

CMS構築で導入時には検討していなく後々お悩みがでるのが、「脆弱性・バージョン管理」などのメンテナンス業務です。特に格安CMSやワードプレスなどの無料系CMSを構築する場合は注意が必要となります。実例を踏まえてご紹介させていただきます。

▼脆弱性について

ワードプレスに代表されるようなオープンソースは物理的に脆弱性を回避する事が出来なくなっております。具体的な理由をご説明するには「オープンソース」を理解して頂く必要があります。

<オープンソースとは>

オープンソースとはプログラムのソースコード(開発仕様書等)を全世界の方に無料で公開する事を意味します。様々な人に共有することで、開発や技術革新が大きく進歩していく事が出来、低価格・高性能などの拡張機能を充実させる事が出来る。これがオープンソースの考え方で非常に素晴らしい内容となっております。しかし一方で「プログラムの仕様書」を公開すると言う事は、弱点や問題点を研究し悪事を働く人に対しても設計書を渡すことになり、大きなリスクを抱える事となり、オープンソースのメリットとデメリットであり、脆弱性の根幹にある問題となります。現に上場企業の大半がワードプレスの利用を控える傾向もあり、ニュースなどでも注意喚起が促されています。(ニュース記事抜粋)https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00598/032700063/

ビジネスで本格的に利用するホームページ制作やCMS構築には個人情報(お客様の連絡先)取得は必要不可欠です。結果オープンソースは物理的な問題で脆弱性を回避する事が出来ないために検討が必要であります。

▼ バージョン管理について

オープンソースなどのCMS構築の際に「バージョン管理」と言うワードをお聞きになられた事があると思います。バージョン管理とは脆弱性の問題からワードプレスなどのオープンソースは日々対策を実施しており「バージョンアップ」を行っております。ここで1つ問題が発生するケースがあります。CMS側のバージョンアップを実施する事により一部の機能(プラグイン)が動作を行えない場合が存在し、バージョンアップによりCMS側の利便性が損なわれる場合があります。本来はCMS側のバージョンアップと併せて機能面(プラグイン)のバージョンも実施すべきなのですが、機能(プラグイン)の開発者はCMS側の開発者と別の人材や組織に属しいているために、後手後手などになり利用できないケースがよく散見されます。CMS側は脆弱性の兼ね合いから自動的にアップグレードしますが、機能面(プラグイン)が利用できずCMS本来の利便性を損なう事が起きないように「CMSの保守体制」を具体的に確認しCMS構築を実施する事をオススメします。

株式会社アシストは安心してCMSをご利用頂く為に脆弱性の問題やGoogleやSNSなどの外部サービスAPIとの連携やチューニングについて日々管理・メンテナンスを実施しています。セキュリティ面や保守体制でお困りの方は是非株式会社アシストへご相談ください。

CMS構築前に確認しておきたい内容について

確認

CMSにてスマホなどで運用は出来る構築はされているか

CMS構築において一番大切な事は「利用する」と言う事です。いくら高機能でCMSを構築しても忙しくて利用できないなどがあってしまってっは残念ながら効果面は期待出来ません。効果を出していくには情報発信を頻度良く行う事が必要不可決であり、その為には運用デバイスが運用できる体制を合っているか?を細かく行う必要があります。

お客様より良く頂くご相談しては「忙しい・時間がない」具体的には事務所に行かないからパソコンでは操作できないご相談を多く頂きます。弊社はスマートフォンにて「ブログなどのコンテンツの追加や入れ替え・メニューなどの変更」なども対応しているので場所を選ばず利用でき運用負担が他のCMSと比較した際にかからない特徴があります。操作性もパワーポイント感覚を重視した直感的な操作性を実行しているので、初心者の型でも説明書不要で操作可能となっております。

20000社を超える導入実績をベースに作成したCMS構築は当社の強みです。是非CMSの利用方法にてお悩みの方は株式会社アシストへご相談ください。

ページ追加やコンテンツ成長は可能な仕組み化されているか?

ホームページは作り上げてから成長させる事が非常に大事となり「CMS構築」がサイト成長に大きく役に立つます。ホームページは公開(オープン)したばかりの際は言い換えれば赤ちゃんのような状態であり、以下に教育をするか?が重要となります。CMSの機能として分析機能や解析機能を実装していないCMSは「成長する為の手筈」を導き出すのが難しく、効果を出して行くのが非常に難しいです。

これはホームページ制作だけでなくどんな事業においても同じで「診察なくして治療なし・分析なくして改善なし」とあるように現状を把握すると言う事は事業を好転させることに大きく役立ちます。この分析から改善・改良を加えてGoogleなどから集客をして行くことをWEBマーケティング機能と言います。つまりCMS構築は操作性や利便性に目が行きがちですが、WEBマーケティングを展開できる機能を実装しているか?が非常に大事となります。

株式会社アシストは効果を感じられるホームページ制作を心掛けており、WEBマーケティング機能を実装したCMS構築を行っております。是非「リスティングや広告費用程の予算がない」が集客・売上・採用を実施したい。と言う企業様や店舗様はお問い合わせください。


▼ CMS運用やコンテンツ制作についてサポートあるかも非常に大事です

本記事はCMS構築などの機能面や実装面などの裏側の側面をプロとして記載させていただきましたが、CMSは道具であり最重要なのは「サポーターセンター」などが完備されており、聞きたいときに問い合わせできる環境があるかを確認する事を強くオススメします。

営業担当が兼任でサポートを実施する会社や制作会社をお見受けする事がありますが、兼任は「知識面・スピード感・作業代行」全てにおいて後手後手になるケースもありサポート体制としては十分なサービスを提供できないケースが大半です。

株式会社アシストでは過去のお客様からのご要望などから専用のコールセンターを開設し、プロのスタッフが1件1件寄り添ったサポート業務を実施させて頂いております。サポート業務をどのように展開されているか?をご確認いただきCMS構築選定を行うと「成果」が出やすくなることが多いにあります。

CMS構築の注意点や要望を制作のプロに取材を実施

CMS構築についてプロである制作会社様複数に取材・アンケートを実施しました。アンケート内容は以下になります。

① 現状のCMS構築はやりたい事を満足にやれるか?

② 制作後お客様はCMSを利用出来ているか?

③ CMS構築をすると制作の自由度は下がるか?

13社の制作会社様にてアンケートをご協力頂きました。アンケートの結果は

① 現状のCMS構築はやりたい事を満足にやれるか?

・YES:12%   ・NO:88%

② 制作後お客様はCMSを利用出来ているか?

・YES:15%   ・NO:85%

③ CMS構築をすると制作の自由度は下がるか?

・YES:93%   ・NO:7%

こちらの回答を頂きました。この回答からもCMS構築が満足に出来ているとは考えずらく、改めてプロの制作会社からためCMS構築に対するニーズがあると再認識しました。ちなみに具体的な回答理由は以下になります。

「CMS構築をするとレイアウトやデザイン表現に制御がかかる」「ブログなどの投稿しかできない」「デザイナーの表現を再現できない」など、本来のパフォーマンスを著しく低下させていることがわかります。しかしCMS構築をしなくては、制作完了後に写真やテキストなどを編集する事が出来ず、お客様がお困りになる為にCMS構築を実施しています。

株式会社アシストのCMS構築は「純国産CMS」であり、オリジナルにて記載されたhtml.css.jsやデザイナーさんが制作されたラフ案を再現できます。

特にコラムやギャラリーなどのシステムページ等につきましても自由にレイアウトや表現内容やルールについて設定が可能です。

株式会社アシストは制作会社でありますが、年間6000社以上とお取引から生まれた「制作現場が利用できるCMS構築」サービスであり、CMSの品質や専門性が向上する為にデザイナーさんや構築者のスキルが仮に同じだとしても、品質が大きく向上します。こちらがPHPが不要でhtml.cssの記載で対応可能です。

CMS構築を見直しする事で高品質化し専門性を大きく向上できる、プロ仕様のCMSが株式会社アシストの武器です。

CMSは利用シーンを選ばないメリットがある

多機能CMS構築を実現しているアシストwebパッケージは多彩な機能を自負しています。ブログ時の吹き出しや目次設定など必要な機能をカスタマイズし盛り込んでいく事が可能となっております。

利用シーンや運用場所などに対して様々なニーズがある中で、システムをカスタマイズをしていける事が最大なポイントとなり、サイトの様々な問題や改善策を対処・対応が可能となり、サイトを分析をしていき必要な対策や対応を行う事がサイト成果の近道となります。その為には繰り返しなりますが、サイトを成果を上げる為にカスタマイズしていくことが大事となります。

万全のセキュリティを完備している

オープンソースなどのCMSは残念ながらセキュリティ面に大きな不安を抱えています。オープンソースどは「無料でプログラムを利用できる」という利点がありますが、一方でセキュリティを脅かす存在にもプログラムを無償で提供してしまい残念ながら脆弱性の研究をされてしまいます。現にトラブル事例は多発しており脆弱性におけるトラブルが後を経ちません。昨今ではプラグイン(機能追加)における脆弱性が原因でのトラブルも多数報告されており、オープンソースにおける脆弱性対策は限界が達しております。

CMS構築の進め方について

CMS構築"すすめるには以下の導入手順が必要です。

① デザイナーにより初期構築

② ページ構成を立案

③ SEOを意識したサイト構成

④ ライティング・写真撮影・動画撮影などの素材用意

⑤ コーディングを行い最終調整

⑥ 最終的な微調整やファーストビューなどを調整

上記のような流れで制作を行います。当社はCMS構築する際にデザイナーの意見とサイト構成を競合他社に負けない仕組みを意識した構築をCMSにて行うことを非常に大切にしています。

ページ階層をわかりやすくユーザービリティを意識した設計を大事にしており、サイト成果に直結する為にやるべく事をやり尽くしています。

CMS構築に操作性も非常に大切ですが、競合他社に負けないサイト制作や成長を意識して構築は勝ち抜くホームページ制作には必要であり、CMS構築の大事な進め方になります。

CMS構築記事の監修・編集について

CMS構築について記載をしている本記事は株式会社アシスト代表取締役宇井和朗にて監修・制作させて頂きました。

株式会社アシストは20000社を超える中小企業様のホームページ制作やアプリ制作を店舗様や中小企業様向けに実施している業界最大級のWEBマーケティング戦略企業です。2016年に設立し僅か5年で独自な手法及び高品質なサービスを武器に事業を発展させているプロ集団であり、多くの競合他社の下請け業務を行うなど業界の発展を目指し活躍をしております。

また漫画家の応援やクリエイターのなどの支援にも力を入れております。

NEW

ARCHIVE