[アプリ制作]ビーコンを利用した効果的集客/株式会社アシスト

株式会社アシストが提供するアプリ制作(顧客管理販促ツール)はシリーズ累計導入実績1万店舗様への導入実績があります。現在では多種多様なアプリ制作においてビーコンサービスが導入されておりますが、弊社ではビーコンサービスにいち早く目をつけ最先端サービスに組み込みました。

こちらの記事では、ビーコンサービスを利用した具体的なサービスについてのご紹介や他社様のアプリ制作と異なる箇所を具体的な事例をあげてご紹介させて頂きます。

① アプリ制作でビーコンサービスを利用した具体的な事例について

② 他社様制作アプリサービスとの違いについて


◆ アプリ制作でビーコンサービスを利用した具体的な事例について

Apple社が積極性を持ち取り組んでいるビーコンサービスはお客様、お店側双方にメリットが多岐にわたってあります。

最近では、お店だけでなく自動販売機や公共機関にも採用されているケースをよく見かけます。ビーコンサービスは知らぬまに皆様の生活環境に馴染んでいます。では、株式会社アシストでが制作するアプリサービスでビーコンはどのようなメリットがあるか?を記載します。

ビーコンサービスはやはり、店舗側には来店検知、クーポン配布、ポイント付与など本来なら対面でオペレーションなどをし、従業員様などがご案内する内容ですが、ビーコンがアプリに組み込まれた為に自動でスマホ側に案内できる。正にお店側の味方のサービスです。

一方お客様側にも多岐にメリットがありますが、iPhone側は通常の設定であれば、ビーコンサービスを利用する際に必要なBluetoothなどは自動でONになる仕組みがあり、知らずの間にビーコンが使えているケースもよくあります。

株式会社アシストで制作したアプリでは、ビーコンサービスがoffで使えない状況にあるとダイヤルログで全自動にてビーコンサービスを利用する際に必要な環境への設定変更をご案内をし、利用率を高めます。

また、ビーコンサービスを利用することで、ポイントのつけ忘れや、気付かずクーポンを利用しないなど、知識や認識における損失をなくせます。

また、アプリ制作にてビーコンサービスを利用することで、お店側に来店を検知させる事ができるので、来店におけるアフターやクーポンなどキャンペーンをら受け取れます。


◆  他社様制作アプリサービスとの違いについて

株式会社アシストではビーコンサービスの考え方が他社様のアプリサービスとは大きく異なります。

ビーコンサービスは非常に素晴らしい画期的なサービスではありますが、利用率がQRコードなどと比較すると低いのが課題であります。

しかし他社様制作のアプリサービスは、利用率などには触れていません。しかし株式会社アシストでは、シリーズ導入実績1万アプリ制作を超えている為に、現場で生まれたきめ細かい機能があります。具体的には、ビーコンサービスにて拾いきれないお客様のスマートフォンをiOS、Androidなどを対象にビーコンと同等のサービス提供を実現できます。ビーコンにて拾いきれないお客様を独自の無線技術で、ビーコンと同等のサービス提供を可能としました。こちらの独自の機能により対象率が他社様アプリ制作はよくても60%程度ですが、アシストで制作するアプリでは80%台をゆうに超えており、利用率やオペレーションコストが抜群に違います。

また、ポップアップ広告などもビーコンサービスと紐付け他社様は提供されていますが、株式会社アシストでは利用する際にビーコンの利用をとは別に運用がかのとなり、利用率や運用しやすさが異なります。

その他、他社アプリとの差異などご興味がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。