ホームページ制作に必要なライティング

ホームページ制作において、ライティングはいつまでも付き纏う課題です。

動画コンテンツが伸びているとはいえ、テキスト媒体がなくなることはありません。

そこで重要となるのが、「ライティングスキル」

今読んでいるこの記事を含め、Webサイトでの読み物は全て誰かのライティングによって生み出されています。

動画では伝わらない、細かな部分を言語化して解説するには文章力、ライティングのスキルが必要となります。

この記事では、そんなホームページ制作に必要な「ライティングスキル」におけるNG行為や、上達法などを解説していきます。

外注ライターさんを雇う場合にも、この記事をまずは読んでいただき、最低限のライティングスキルの身につけてもらいましょう。

ライティングスキルとは?

「ライティングスキル」とは、その名の通りライティングの腕前のこと、日本語だと文章力とも言われます。

これを学び、使いこなすことで様々な面で重宝するので覚えておいて損はないです。

コピーライティング

コピーライティングとは「人を動かす文章」とも言われます。

テレビや雑誌などのキャッチコピーも、コピーライティングのスキルが盛り込まれています。

コピーライティング一例
●    「カラダにピース。CALPIS」カルピス株式会社
●    「インテル、入ってる」インテル株式会社

セールスライティング

セールスライティングとは「物を売る、買わせるための文章」のこと。

今買わなきゃ、と思わせるような文章を指し、ユーザーの購買意欲を掻き立てるライティングです。

セールスライティング一例
●    今だけ20%OFF
●    期間限定大幅値引き
●    1ヶ月間無料トライアル

ライティングスキルを磨くメリット

ホームページ制作においてライティングスキルを磨くことで、どのようなメリットが生じるのか、具体的に解説していきます。

説明力が上がる
ダラダラと長いだけの文章は、ユーザーファーストではなく、ページ離脱の原因にもなります。

ライティングスキルを身につけることで、短くても伝わる文章を書けるようになり、結果的にページ滞在率の維持にも繋がります。


話の要約が上手くなる
説明力が上がることによって、話の要約が上手くなります。

文章において、要点をまとめることが重要になってくるので、ライティングスキルを磨くことによって話の要約が上手くなります。


全てのコンテンツで活かせる
ここでは、Webサイトでのライティングを前提にお話ししていますが、

●    メルマガ
●    LINE@
●    SNS   

これら全てテキスト媒体のコンテンツですので、集客コンテンツほとんどにライティングスキルは活用出来ます。

ライティングのNGパターン

ここからは、ライティングが下手な人のほとんどが当てはまるライティングのNGパターンを3つほど紹介していきます。
 

1文が長い
ライティング初心者にありがちですが、1文がひたすらに長いです。

文章を読みやすくするには、適切な改行や句読点が大切ですが、そこを理解していない方は文章が長くなりがち。

また、パソコン画面とスマホ画面では文字の表示幅も変わるので、パソコンでは1行でもスマホで見ると3行になっています。


同じ語尾の連続
こちらも、ライティング初心者の方によくあるパターンです。語尾が同じだと、読んでいて違和感を覚えるんです。

上記のように「です」が2回連続していると、読んでいて違和感に思います。

執筆した文章は、一度音読してみるのが、違和感を取り除く1番の解決作です。


自分語りが多い
ライティングの経験がない方は、そもそもどのような記事を書けばいいのか、方法を理解していません。

自分でも書けると書き進めて出来上がるのは、自分語りの日記。

ユーザーの検索意図とは、「悩みを解決したい」なので、日記には興味がありません。

自分語りはやめて、ユーザーの悩みを解決する記事を書きましょう。

ライティングスキル上達法

ホームページ制作におけるライティングのNGパターンを説明したところで、ここからはライティングスキルの上達法について解説していきます。


1文3行構成
段落ごとの1文を3行にまとめるようにしましょう。

理由は、先ほどもお話ししたとおり、パソコン画面での1行が、スマホだと3行で表示されるから。

また、3行以上の文章は視覚的負担も大きく、「長文」という先入観を持たれます。

読みやすい文章を書くなら、まずは見た目からスッキリまとめることを意識。ちなみに、この記事は全て1文3行構成です。


結論から述べる
①私は、工場にて勤務していますが、残業が多く、給料も低くて悩んでいます。体力的にもしんどく、この先も続けるのは難しいと考えて結果、転職をしようと決意しました。


②私は、転職を決意しました。
現在、残業も多く体力的にもしんどい工場にて勤務しております。今後もこの仕事を続けるのは困難と考えたため、転職を決意しました。

このように、結論から入り、理由を述べて、再度結論を出す、これを「PREP法」と言い、ライティングの基本と言われています。

これを意識することで、文章が一気に読みやすくなります。

小学生に向けて執筆
悩みを持ったユーザーは、基本的には全く無知の状態です。

そんな知識のないユーザーに対して、専門用語、横文字だらけの文章では、どれだけ長い文章を書いても何も伝わりません。

説明する際は、誰でも分かるように、極端にいうと「小学生」にも分かるように説明することが大切です。

ライティング経験がない方の多くが、難しい言葉を使って説明しますが、全くの逆で、誰にでも伝わる説明こそが重要。


足し算ではなく引き算
説明をするにあたって、文章を長くすることで、より専門性が高まり、悩みの解決策を網羅出来ると思われがちですが、それは間違い。

読者は文章をちゃんと読んでいません。文章が長ければ長いほど、読者は読む気をなくして離脱していきます。

より短く簡潔に、要点だけをまとめた記事こそが読者ファーストの記事となり、SEO的評価も高まります。


効率的な記事執筆テクニック
ライティングスキルについての解説をしたところで、実際に記事を執筆する際のテクニックを解説していきます。

潜在ニーズを洗い出す
潜在ニーズとは、読者の悩みが何なのかということです。
 
読者は、
●    どんな悩みを持ち
●    どんなキーワードで調べて
●    どんな記事を読みたいのか

ここを、記事執筆の前段階でしっかりと洗い出すことが重要です。

これにより、記事の方向性がしっかりと固まるので曖昧な記事になるリスクが減ります。


見出しを第一に決める
記事執筆の際、とりあえず文章から書いているようなら、今すぐやめましょう。

記事における「見出し」とは、家で例えるなら骨組みに当たります。

要するに、骨組みをしっかりと組まないと、家は脆く崩れてしまうんです。

見出しを最初に決め、見出しに沿って内容を肉付けしていく流れで記事を執筆すると方向性の定まっているまとまった記事が出来上がります。


タイトルは一番最後に
記事執筆時、タイトルを決めてから文章を書き込んでいる方がほとんどかと思います。

ですが、それは大きな間違い。タイトルを決めてから文章を書くと、タイトルに縛られて記事の内容が中途半端になります。

タイトルは一番最後、書き上がった記事を読んでから記事の内容に合ったタイトルを付けるのが正しい方法です。

まとめ

このページでは、ライティングについてや、実践的なライティングスキルなどを解説しました。

最後に、記事の内容をまとめると

●    ライティング需要はなくならない
●    ライティングが出来れば全てに活用出来る
●    長い文は書かず、要点を簡潔に
●    1文3行構成を徹底すれば見やすい


このような内容でした。

ライティングスキルを磨けば、営業などビジネスシーンにも非常に役立つのでしっかりと学び、読みやすい文章を意識しましょう。