動画マーケティングとは

動画マーケティングとは、「マーケティング施策」の1つの手段として、動画を用いることを指します。

テキストとは違い、視覚と聴覚からの情報伝達によって、より情報が伝わりやすく、拡散されやすいというのが動画の特徴です。そのため、マーケティングに動画を用いることで、より幅広い層に向けて自社商品やコンテンツの魅力をわかりやすく伝えられます。

スマートフォンやタブレットなどのデジタルデバイスの普及るようになっています。、Wi-Fiなど通信環境の整備、YouTubeやInstagramといった動画コンテンツの市場の拡大など様々な要因が後押しし、動画マーケティングは効果的な手法のひとつとして、注目度を増しているという現状です。

動画マーケティングが注目される理由

ここからは、なぜ動画マーケティングが注目されるのか、その理由を解明していきます。

主な理由は3つ

●    商品やサービスの魅力を伝えやすい
●    商品やサービスの存在を周知させやすい
●    商品の購入、売り上げアップに繋げやすい

1つずつ詳しく解説していきます。

商品やサービスの魅力を伝えやすい

今までは、Web上で商品を販売するにはランディングページを作成してそこから成約に繋げるというものが一般的でした。

ですが、ランディングページのようなテキストや画像のみでは、実際の商品の使用感を伝えるには不十分な面が多く、購入にまで至らないということも多くあり、せっかくの顕在層を逃すということもありました。

その点、動画での訴求は映像を通して、商品の使用感を具体的に伝えることが出来るので顕在層の顧客に変化させるのに適していると言えます。

商品やサービスの存在を周知させやすい

どれだけハイクオリティな商品やコンテンツを生み出したとしても、ユーザーの目に止まらなければ意味がありません。

そこで、動画を活用して商品やサービスの存在を示すことによって認知度を高めることが可能。

また、動画には拡散されやすいという特徴もあり、SNSなどでの拡散の効果を得ることも出来ます。

商品の購入、売り上げアップに繋げやすい

上記2点だけの要因でも、確実に売上アップの効果は見られる動画マーケティングですが、それだけに留まりません。

商品購入後の使用方法などを動画内で解説することにより、購入後のアフターケアまで兼ね備えているという点で、商品購入後の不安を解消した結果、購入ハードルが下がり、売り上げアップに絶大な効果を得られます。

動画マーケティングのメリット

従来のマーケティングに比べ、動画マーケティングにはどのようなメリットがあるのかを解説していきます。

動画視聴需要の増加

YouTubeやInstagram市場の成長により、動画コンテンツの需要も大きくなっている昨今では、悩みの解決のために動画を利用することも増えています。

悩みの解決のために、Googleなどの検索エンジンでの検索ではなく、YouTube内検索やInstagramのハッシュタグを活用するケースが増えている状態。

このような要因から、今まで取り込めていなかった層をターゲットに取り込める可能性も高く、売り上げの向上に繋げることが出来ます。

動画を使いまわせる

マーケティング用の広告動画を1本作ってしまえば、

●    YouTube
●    Twitter
●    Instagram
●    Facebook
●    TikTok

など、様々な動画コンテンツで使いまわして発信出来るので、より効率良く商品の存在を拡散することが可能です。

商品やコンテンツによって、相性の良い動画プラットフォームが異なるので、テストして伸びのいいプラットフォームを見つけましょう。

ピンポイントなターゲティングが可能

動画マーケティングを取り入れることで、他の広告に比べて狙ったターゲット層へのアプローチが容易になる上、効果を測定ツールで解析することで、改善し効果を伸ばすことが出来ます。

Web動画では性別・年齢・地域・趣味など、見せたいユーザーを絞って表示させられるため、動画をターゲティング層にピンポイントで届けることが可能。
 

動画マーケティングのデメリット

動画マーケティング需要が伸びているのは事実ですが、一方で動画マーケティングへの参入を躊躇っている企業なども少なくありません。

なぜ、これほどまでに需要が伸びている動画マーケティングへの参入を躊躇うのか、動画マーケティングのデメリットについて解説します。

動画関連スキルが必要

動画マーケティングを行う以上、動画を撮影し編集する必要がありますが、ここが一番のハードルとされています。

動画は商品やコンテンツを説明する上で非常に効果的な露出方法ではありますが、動画のクオリティが低いと商品自体のクオリティも低いと紐づけられます。

ここで必要になってくるのが、動画に関するスキル。経験者以外は持ち合わせていない上、編集スキルよりも魅せ方と呼ばれるデザイン面でのスキルを必要とするため、参入を躊躇う企業も少なくありません。

完成までに時間がかかる

動画を制作するまでに、多くの工程を要します。

●    方向性を決める
●    企画・構成作成
●    撮影
●    編集

このように、始めるまでのハードルが高くスタートを切ってから完成までの時間がかかるため、動画に時間を割くことを避けている企業も多いです。

SEO集客であれば、関連記事をライティングするだけで済むので動画を制作するよりも圧倒的に短時間で終わるということもあり、動画マーケティングへの参入を躊躇うような企業も多く存在します。

動画マーケターが不足している

動画マーケティングは、従来のWebマーケティングの派生ではありますが、その手法は全くの別物です。

テレビCMなどの動画マーケティングは今までもありましたが、Web動画マーケティングは最近頭角を見せてきたマーケティング方法ということで、熟知しているマーケターが不足しているという点もあり、そもそも参入の方法が分からないという企業も多いというのが現実。

動画マーケティング、成功のコツ

ここからは、動画マーケティングを成功に導く秘訣を紹介。

最低限、ここを押さえておくことで失敗を防げるというポイントを挙げていきます。

冒頭5秒までが勝負

動画は、冒頭5秒でユーザーをどう引き込むかが大事です。特に、5秒後にスキップできるYouTubeのインストリーム広告などでは、最初がポイントになります。

商品の特徴やメリットを5秒で伝える、続きが見たいと思わせる内容にするなどの方法があります。

動画内でもPREP法を用いて、冒頭5秒でインパクトを持たせた商品を使用後の結論、ベネフィットを魅せることで、5秒から先も観てもらうことを意識した構成を練りましょう。

購入後の不安を拭い去る

人間の心理として「痛みを避けて快楽を得る」というものがあります。

要するに、「購入後の快楽」と「購入後の痛み」を天秤にかけます。この場合の痛みとは、商品購入後の失敗のことを指し、効果がなかった、アフターケアが薄かったなど購入後の不安を意味します。

この不安の点を、動画内でしっかりと拭い去ることでより成約に繋げやすくなります。テキスト媒体よりも、動画の方が具体性を持たせやすいので効果的です。

まとめ

この記事では、動画マーケティングの詳細や、動画マーケティングにおける成功のコツなどを紹介しました。

最後に、この記事の内容を簡単にまとめると

●    動画マーケティングとは、マーケティングの施策の1つ
●    テレビCMではなく、YouTubeなどのWeb動画のことを指す
●    テキストに比べ、動画の方が商品の魅力がダイレクトに伝わる
●    動画需要は大きいが、動画関連スキル保持者が少ないのが現実
●    冒頭5秒でベネフィットと伝え、続きで購入後の不安を払拭

このような内容でした。

今後、確実に伸び続ける動画マーケティングですが、増えているとはいえ参入している企業はまだ少ないという現状。

今から参入してもまだ早いくらいなので、競合との差を付ける意味でもWebマーケティングの一環として動画マーケティングと取り入れると、より効果が見られるかもしれませんよ。