SEO対策はどうして必要なのですか?

ホームページ制作においては必ず SEO を意識しなければいけません。 SEO とは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、検索を行った時の表示順位のことを指します。検索時の表示順位については、Google のアルゴリズムがサイトに施された SEO を考慮しながら決定していきます。つまり、きちんと SEO対策を行うことで、自社のホームページを検索時に上位表示することができます。インターネットの世界では、この表示順位が上位にあるほどユーザーからのアクセスが増えます。アクセスが増えるほど、お問い合わせや資料請求が増え、会社の収益につながっていきます。ホームページの良し悪しは、この検索順位で決定されると言っても過言ではありません。

ホームページの名前は必ずキーワードを入れましょう

ホームページを含めインターネットサイトは HTML と CSS というプログラミング言語によって構築されていることが多いです。 HTML はホームページ名を「titleタグ」というもので表します。ホームページ制作の際は、この title タグに必ず狙うキーワードを入れましょう。 例えば、千代田区飯田橋で個別指導の学習塾を経営しているのであれば、 title タグに「 飯田橋 塾 個別指導」などを含めておきます。そうすることで、ユーザーがインターネットの検索窓に「 飯田橋 塾 個別指導」のキーワードを打ち込んだ際、ホームページが上位表示されやすくなります。

ちなみに、どのようなキーワードを含めれば良いかについては、基本的にはユーザーに検索窓に打ち込んで欲しいキーワードです。しかし、自分で考えて決めるのは NG です。なぜなら、 自分で考えたキーワードは本当に検索需要があるのかどうかは分からないからです。検索需要がなければ、そもそも検索するユーザーがいないので、どんなに上位表示されたとしても、多くの人の目に留まることがないからです。 検索需要があるかどうかについては、 以下のようなツールを使うことで判断することができます。

•ラッコキーワード:https://related-keywords.com/
•キーワードプランナー:「 Google 広告」に含まれるサービスです
 

ホームページの表示速度は遅すぎないようにしましょう

クリックをしてもホームページの表示までに速度が遅い場合は SEO 的に良くありません。最低でも、クリックしてから5秒以内に全てが表示されるようなサイトにしておく必要があります。できれば3秒以内が理想的です。
読み込みが遅くなる主な原因としては、

•画像ファイルが大きくて読み込みに時間がかかる
•サーバーが重たくなっている

のどちらかであることが多いです。画像ファイルについては JPEG という形式にしておくことで軽量化することができます。サーバーについては、契約しているレンタルサーバー会社を再検討するのも一つの手です。また 、WordPress の場合はプラグインを入れるすぎることによって、サイト読み込みが遅くなることもあります。 

トップページは分かりやすく整理しましょう

ホームページのトップページを開いた時に、どこをクリックすればどんな情報が書かれているのかを一目するだけでわかるように設計することが大切です。具体的には、

•グローバルナビゲーションの設置
•フッターでのサイトマップの表示

などが挙げられます。 
グローバルナビゲーションとは、サイトの上部などに常に表示されている案内リンクのことを指します(アイコンや短いワードで表示されており、クリックするとそこの情報にとんでいけます)。
フッターとは、ページの一番下の部分のことを指します。そこにサイトマップを表示しておくことで、ページの一番下までスクロールしたユーザーが 次に気になる情報にとんでいくことができます(ページの一番下までスクロールしたということは、 ユーザーは求めていた情報を完全には得ることができなかった可能性が高いです)。

パンくずリストに構造化データを用いりましょう

パンくずリストとは、今見ているページがサイト全体のどこに当たるのか、視覚的にユーザーがわかるように階層順にリンクがリスト化された部分のことです。多くのページで、上部に設置されています。このパンくずリストの部分を構造化データにすることが SEO 的に良いと言われています。 
構造化データにするということは、HTML で書かれた文字列の中身について、Google のクローラーが理解しやすいようにタグ付けを行うということです。 そうすることによって、Google のクローラーがサイトの中身を完璧に把握してくれます。 この作業については、 ホームページ制作が初心者という方にとっては少し難しいので、エンジニアなどの専門の人に依頼するのが良いです。

お問い合わせフォームをきちんと設置しましょう

ホームページの中にコンタクトフォームがきちんと設置されていることも SEO 的に重要です。サイトに関して、質疑応答できる窓口が設けられるということはサイト自体の信頼度にも関わります。 もちろんですが Google は信頼性の高いページほど上位に表示させる傾向があります。コンタクトフォームを設置していることはその証明のひとつになるので、必ず設置しましょう。